×

1月中の閉鎖を告知するパチンコホールは既に30店舗以上、一昨年の約90軒を超えるかどうかが閉店ラッシュ継続の焦点に【パチンコ狂の詩】

2022年がパチンコホールの「閉店ラッシュ」イヤーとなったことは周知の通り。ただし年末年始商戦を控えていた12月期は20軒ほどの閉鎖に留まって、昨年の中では圧倒的に最小となっていた。

それは裏を返せば、これから1月期に多数の閉店ホールが出るということでもある。

ちなみに昨年の1月期は(月末に旧規則機の撤去期限が迫っていたこともあり)文字通り近年最大級となる閉店ラッシュが起きていた。170軒ほどのパチンコホールが市場から一気に姿を消したものである。

今年はさすがにそこまでの数ではなさそう。それでも3連休が終わったくらいのタイミングで、「月内の閉鎖」を告知するホールが文字通り激増中だ。その数は既に30店舗以上に上っている。

なお、2021年1月期における閉鎖ホール数は約90軒。今年この数を上回るようだと、去年からの閉店ラッシュはまだまだ継続中だと言わざるを得ない。逆にこれを大きく下回れば、パチンコ業界の苦境も多少は落ち着いてきたといえそうだ。

2023年の1月に何軒のパチンコホールが閉店してしまうのか、引き続き動向を注視したい。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:67件 コメントを書く

  1. 今年も 期待しています。 閉店ラッシュ

    333
    44
  2. パチンコなんて潰れて結構誰も困らない
    イカサマギャンブルだぞ。むしろ潰れたほうが治安が良くなる

    315
    47

今、読まれています!

1

新規則機イヤーとなった2022年に閉店したパチンコホールは全国で計770店舗だった(編集部調べ)。こ ...

2

これは、4号機時代から打ち続け、大人になってからの大半を、パチスロの収入で生活してきた生粋のヘビーユ ...

3

三洋物産は3日、同社のスマートパチンコ(スマパチ)第1弾となるパチンコ新機種「e聖闘士星矢 超流星C ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島