×

【パチンコ経営企業分析】4軒の巨艦ホールがしのぎを削る「立川駅」前エリア、新台導入評価から見てもかなりのパチンコ激戦区だった

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。新台導入評価が「S」ランク店舗周辺の状況を見ていく。

今回対象とするのは、東京都立川市にある「立川駅」前。立川駅はJR線が通るターミナル駅で、1日平均の乗車人数は13万人以上。これはJR東日本管轄内で13番目に多い。

その駅前で営業しているパチンコホールは浜友観光グループの『楽園立川店』(1,552台)、NEXUSグループの『Super D’station立川店』(1,009台)、ジョイパックレジャーグループの『P-PORT PREGO立川店』(1,005台)、SUISHAYAグループの『ハイパージアス立川店』(982台)の4店舗。

3店舗が1,000台以上の巨艦店舗、残りの1店舗も982台と非常に大きく、1店舗あたりの平均設置台数は1,137台となっている。

パチンコとパチスロの比率は「58:42」だが、店舗別にみていくと、『楽園立川店』は「50:50」で、『ハイパージアス立川店』は「72:28」であるように店舗によって比率は異なる。

さらに貸玉についてみていくと、通常貸玉と低貸玉の比率は「76:24」だが、『ハイパージアス立川店』のみ通王貸玉と低貸玉の比率が「86:14」と唯一通常貸玉の比率が80%を上回っていた。

この立川エリアの新台導入評価を見ていくと、パチンコ・パチスロがともに「S」評価なのが、『ハイパージアス立川店』。そして、『楽園立川店』がパチンコは「S」、パチスロが「A」評価。

『Super D’station立川店』はパチンコ・パチスロともに「A」評価で、『P-PORT PREGO立川店』がパチンコ・パチスロともに「B」評価であった。

また、前回(6~11月集計分)で見ていくと、『ハイパージアス立川店』『楽園立川店』がともに「S」で、残り2店舗がともに「A」評価であったように、各店舗とも積極的に新台を導入しているといえよう。

店舗別の新台導入台数を見ても、『楽園立川店』の1,100以上を筆頭に、『ハイパージアス立川店』『Super D’station立川店』が700台以上、『P-PORT PREGO立川店』も500台以上と非常に多く、4店舗で3,000台以上の新台が導入されていた。

次に各店舗の資産価値額を見ていくと、『Super D’station立川店』はパチンコが36万3649円、パチスロが58万240円。『ハイパージアス立川店』はパチンコが30万2124円、パチスロが68万501円。『楽園立川店』はパチンコが29万8656円、パチスロが34万5124円。『P-PORT PREGO立川店』はパチンコが24万5730円、パチスロが37万170円と、若干店舗によってばらつきは見られた。

なお、12月の平均はパチンコが18万5151円、パチスロが37万2603円であるので、パチスロの資産価値額が平均未満の店舗もあった。

大型店舗しか営業していない「立川駅」前エリアは、総じて積極的に新台を導入する店舗が集中しており、今年も激戦状態が継続していくのだろう。

※1:新台導入評価
直近半年間における新台の導入台数・導入機種数・新台導入回転率・1機種当たりの最多台数をそれぞれ順位化し、その合計得点を元にS~Eの6段階で評価したもの
なお、S:全国500位以内、A:全国1000位以内となっている。

※2:資産価値
各機種における中古取引額の平均値を足していき、店舗の平均額を算出したもの
店舗における機種の価値を判断する指標となる


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

サミーは27日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチスロ新機種「スマスロ北斗の拳」のプロモー ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島