×

【パチンコ経営企業分析】福島県を代表するパチンコチェーン「ニラクグループ」、名実ともに『ニラク郡山大町店』が旗艦店舗と評せる

『ニラク郡山大町店』(※2020年8月撮影)

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回は「ニラクグループ」にフォーカスをあてる。

「ニラクグループ」は全てに「ニラク」の屋号を冠したパチンコホールを福島県を中心に48店舗運営している。1店舗あたりの平均設置台数は593台で、1000台以上の巨艦店舗は2店舗にとどまり、中小規模の店舗が中心となる。

そのため資産価値額を見ていくと、パチンコは20万5962円(平均18万5151円)、パチスロは39万9259円(平均37万2603円)と平均額を上回っているものの、新台導入評価では「S」ランクの店舗はパチンコ2店舗、パチスロ1店舗で、「A」ランクの店舗はともに9店舗ずつにとどまった。

年間の新台導入台数は約1万3000台にとどまっており、新台を積極的に導入している日光商事グループ(16店舗)とほぼ同台数となっている。

そんな中でパチンコ・パチスロともに新台導入評価が「S」ランクの店舗は『ニラク郡山大町店』(1029台)である。同店は本社のある福島県郡山市に位置しており、市内に9店舗営業している系列店舗の中でも中心的な存在となっている。資産価値額においても、パチンコが43万8496円、パチスロが69万9077円となっており、グループの中でも最も資産価値額が高くなっている。

また半径3km圏の競合店舗は『ニラク郡山大町店』を含めて7店舗あり、平均設置台数は703台となる。

最も設置台数が多い店舗であるが、『ビックつばめ郡山店』(906台)、『エヌワン郡山店』(947台)の2店舗も、新台導入評価がともに「S」ランクとなっており、この3店舗が積極的に新台を導入していた。

グループ内における旗艦店舗であり、本社のある郡山市の代表格の店舗でもあるので、今年も積極的に投資を行っていく店舗なのだろう。

※1:新台導入評価
直近半年間における新台の導入台数・導入機種数・新台導入回転率・1機種当たりの最多台数をそれぞれ順位化し、その合計得点を元にS~Eの6段階で評価したもの
なお、S:全国500位以内、A:全国1000位以内となっている。

※2:資産価値
各機種における中古取引額の平均値を足していき、店舗の平均額を算出したもの
店舗における機種の価値を判断する指標となる


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

都内のパチンコ店が提供してきた金地金賞品「1g金賞品(大景品)」と「0.3g金賞品(中景品)」が、相 ...

2

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

3

「パチスロ モンスターハンターワールド:アイスボーン™」(エンターライズ) 1月30日の新台導入は「 ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島