×

1月上旬の新台で最多導入は「Pビッグドリーム3」だった、あの人気パチスロ機が欲しいからなのか…【パチンコ依存者Yの新台論評】

「Pビッグドリーム3」(サミー)

1月23日からの入替は機種数は少ないが台数は多め。繁忙期明けで鈍った稼働にテコ入れしたいタイミングということで店としても「P牙狼GOLD IMPACT」を推していきたい。

「ゴジラ対エヴァ」から「牙狼」へ客が流れるのか、それとも「エヴァ未来への咆哮」や「Re:ゼロ」に客が戻ってしまうのか、はたまた「ゴジラ対エヴァ」が予想に反して稼働を維持するのか。「牙狼」の導入数と4月の登場がほぼ決まったスマパチもあって現状の主力機のいくつかは流石に減台しないと置き場もない。結局「エヴァ」と「Re:ゼロ」が主力のまま今年も動きそうだが。

新機種は稼働開始待ちということで1月上旬機種に焦点をあててみると、最多導入は「Pビッグドリーム3」で約1万2000台ほど。皆カバネリ欲しいもんな……。中古機も暴落しているし評判もさっぱり。人気だった初代も2スペックで5000台ほどしか入っておらず、大量導入出来る機械とは言い難い。「2」も1万5000台くらい入れてコケて、「3」も似た状態なのでもっと少なくてもいいのだが「カバネリ」欲しいので。

全然関係ないけれど初代「ダンバイン」も実際の導入数は弊社DBを見た限り6000台くらいだったので大人気だったはずだけど思ったより導入数が少なかった機械が割とある。

2番手は「P大開王」で約1万台。大半の機械は機歴がついて回るもので事情は同じだが、こちらも中古が大暴落していた。オリジナルコンテンツが抱える問題よりも4500発にホールが期待を寄せすぎている気はする。RUSH非突入でも10R貰える「Pタイバニ」も駄目だったし、これで「慶次」がもし大ヒットすると嬉しくても頭抱える羽目になりそう。

「Pシティーハンター 俺の心を震わせた日」は5000台強。知名度の割に少ない気がしたが前作の「XYZ」もそう変わらない台数だった。上旬導入のミドルでは最も動いているようだが適正台数的には横並びか。右の演出は悪くないそうなので少し気になっている。「牙狼」で浮いたら上旬導入の機械を打とうと画策していたがさて。

パチスロは「鏡」と「カバネリ」など人気機種の増台タイミングが重なっていた。高設定に期待すべきか、正月明けで回収中なのか。月末には「モンハン」も控えているし、春まで待てば「北斗」も出る。自分が5号機で最も負けたあの機械の続編が適合したという噂もあり、今年前半は気になる機械が多い。

©Sammy


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『HALULU』 「喜久家」グループは東海地方および首都圏にてパチンコホールを展開してきたチェーン企 ...

2

『モナコパレス菊陽店』 新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経 ...

3

SANKYOは、同社のYouTubeチャンネルにおいてパチスロ新機種「パチスロ 炎炎ノ消防隊」の公式 ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島