×

【パチンコ経営企業分析】資産価値額に焦点をあてて店舗・グループ別の動向を考察、1月末時点における資産価値額トップは『マルハン茶屋が坂店』

導入以来、高額で取引されている「P新世紀エヴァンゲリオン 未来への咆哮」

今回は資産価値額に焦点をあてて、店舗・グループ別の動向をみていく。

パチンコとパチスロの資産価値額を比較していくと、1月度における平均額はパチンコ20万2124円、パチスロ42万1307円と倍以上の開きがあるため、店舗全体額で見てしまうとパチスロ専門店が優位になってしまうので、パチンコ・パチスロに分けて考察していく。

1月末時点における資産価値額上位店舗は下記の通り。

1.マルハン茶屋が坂店(マルハングループ)愛知県名古屋市千種区 104万3151円
2.レイト平塚(麗都グループ)茨城県つくば市 98万5190円
3.メガフェイス1120豊崎本館(フェイスグループ)沖縄県豊見城市 98万2146円
4.PIA町田新館(マタハリーグループ)東京都町田市 81万1357円
5.モナコパレス菊陽店(岩下兄弟グループ)熊本県菊池郡 79万5065円

このように、平均額と比較すると大幅に上回っているのだが、機種別の取引額を見ると、

1.P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver. 約2万5000台
2.P新世紀エヴァンゲリオン 未来への咆哮 約5万8000台
3.PAスーパー海物語 IN 沖縄5 夜桜超旋風 99ver. 約8000台

上記5店舗の平均額以上の価格で取引されているのは2機種しかないことから、これらの機種の設置比率が非常に高いと言える。

また、グループ別にみていくと、10店舗以上のグループで最も資産価値額が高かったのは下記の5グループ。

日光商事グループ 45万7082円
SB Good Industryグループ 45万890円
日拓グループ 41万663円
フェイスグループ 39万1302円
マタハリーグループ 37万4513円

さらにこの中で、日光商事グループと日拓グループに関しては全店舗が平均額を上回っており、機種構成に対する意識も高い様子がうかがえた。

取引額が非常に高い2機種をどれだけ保有しているかが、資産価値額に大きな影響を及ぼしているものの、その機種をしっかり保有できているところに、上位店舗・グループの機種に対する考え方を見ることができたと言えよう。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:71件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

今、読まれています!

1

『楽園相模原店』 「浜友観光」グループの24店舗目となるパチンコホール『楽園相模原店』が2023年3 ...

2

パチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回は「福岡県」の新台導入評価(※1 ...

3

「5号機名機列伝」第3回目は「大逆転」。2011年に導入された台で、名前の通り「大逆転」をコンセプト ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島