×

【パチンコ経営企業分析】茨城県のホールチェーン「麗都グループ」、パチンコ資産価値額が非常に高いグループ

「麗都グループ」ホームページ

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象とするのは、主に「レイト」の屋号で店舗展開してる「麗都グループ」。

「麗都グループ」は茨城県に11店舗、東京都に1店舗の12店舗営業しており、1店舗あたりの平均設置台数は641台で、1,000台以上の巨艦店舗は都内で営業している『レイトギャップ平和島』1店舗となる。

また、パチスロ専門店が3店舗あるので、パチンコとパチスロの比率が「52.8:47.2」と比較的パチスロの設置比率が高くなっている。

同グループは新台を積極的に導入しており、新台導入評価を見ていくと、「S」ランクはパチンコが6店舗で、パチスロが9店舗。そして「A」ランクにおいてはパチンコが2店舗であった。

全12店舗中、パチスロ専門店が3店舗であるため、パチンコは9店舗中8店舗が「S」「A」の上位2ランクで、パチスロも12店舗中9店舗が「S」ランクであるように、新台に対する意欲が非常に高いと言えよう。

また、資産価値額も高いのが特徴的で、パチンコは55万8123円(平均20万2124円)、パチスロは48万2747円(平均42万1307円)と平均額をともに超えていた。

特にパチンコの資産価値額の高さは特筆すべきで、全体の平均額はパチスロがパチンコの倍以上なのに対し、レイトグループはパチンコの資産価値額のほうが高くなっていた。これは、パチンコの取引額の高い「P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.」と「P新世紀エヴァンゲリオン 未来への咆哮」の台数比率が高いことが要因となっており、パチンコに関しては(パチンコを設置する)全9店舗が平均額を超えていた。

このように新台を積極的に導入するだけでなく、資産価値額も非常に高い「レイトグループ」。今後も茨城県では抜群の存在感を示していくのだろう。

※1:新台導入評価
直近半年間における新台の導入台数・導入機種数・新台導入回転率・1機種当たりの最多台数をそれぞれ順位化し、その合計得点を元にS~Eの6段階で評価したもの
なお、S:全国500位以内、A:全国1000位以内となっている。

※2:資産価値
各機種における中古取引額の平均値を足していき、店舗の平均額を算出したもの
店舗における機種の価値を判断する指標となる


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ経営企業分析, コラム
-,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」