×

【パチンコ経営企業分析】パチンコの資産価値額トップは愛知県名古屋市千種区のパチンコ店『マルハン茶屋が坂店』 ~資産価値(パチンコ編)

今回はパチンコの資産価値額に焦点をあてて、店舗・グループ別にみていく。
2月末時点における資産価値額が高い機種は下表の通りとなる。

機種名 発売時期 中心価格 前月 前月比
P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver. 2022年1月 2,702,500 3,081,666 ▲ 379,166
P新世紀エヴァンゲリオン 未来への咆哮 2021年12月 1,970,721 2,791,016 ▲ 820,295
P地獄少女覚醒3000Ver. 2023年2月 927,045 927,045
P大海物語5 2023年2月 635,789 635,789
PA新海物語 2022年8月 624,923 463,863 161,060

このように先月同様「P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.」「P新世紀エヴァンゲリオン 未来への咆哮」の2機種の取引額が抜きんでて高いのだが、先月と比較すると大幅に減少しており、特に「P新世紀エヴァンゲリオン 未来への咆哮」に関しては約30%減となっていた。

その影響もあり、パチンコにおける平均資産価値額は、1月度の20万2124円から18万2630円へ減少していた。

その中で店舗別に見ていくと、上位店舗は下表の通りとなる。

店舗名 グループ名 住所 資産価値額 前月
マルハン茶屋が坂店 マルハングループ 愛知県名古屋市千種区 832,174 1,043,151
メガフェイス1120豊崎本館 フェイスグループ 沖縄県豊見城市 801,564 982,146
レイト平塚 麗都グループ 茨城県つくば市 782,121 985,190
キクヤ堺北店 喜久家グループ 大阪府堺市北区 711,577 -
やすだ柏店 安田屋グループ 千葉県柏市 699,535 767,483

1月度と比較すると、2カ月連続で『マルハン茶屋が坂店(※1)』が最も資産価値額が高かった。また、2位『メガフェイス1120豊崎本館』及び、3位『レイト平塚』も2カ月連続で上位3位以内に入っていた。

この3店舗は「P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.」「P新世紀エヴァンゲリオン 未来への咆哮」の導入率上位3店舗でもあることが大きな要因なのだろう。

ただしこの2機種の取引価格は1月度から大幅に減少しているので、その結果、各店舗とも資産価値額は1月度と比較すると大幅に減少していた。

次にグループ別に見ていく。経営店舗が10店舗以上のグループにおいて、資産価値額が高かったのは以下の5グループ。

グループ名 資産価値額 前月
SB Good Industryグループ(シルバーバック) 448,729 450,890
日拓グループ(エスパス) 382,492 410,663
日光商事グループ(nikko) 378,744 457,082
フェイスグループ 348,903 391,302
中原商事グループ(つばめ) 346,415 346,872

新台を積極的に導入しているグループでもある「SB Good Industryグループ(※1)」が今月は最も高かった。

また、「SB Good Industryグループ」と「中原商事グループ」に関しては、全体の資産価値額が減少している中でほぼ前月並みの水準を維持していたのが特徴的である。

高価格で取引が行われている2機種はいまだ他機種よりも高いものの減少傾向となっている。さて次回集計時にはどのような動きになるのだろうか。

※1:閲覧有効期限 3/8~3/10


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ経営企業分析, コラム
-,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」