×

9月4日からの新台入替は「スマートぱちんこ ソードアート・オンライン」により「スマパチ、始まる」かに注目【パチンコ依存者Yの新台論評】

「スマートぱちんこ ソードアート・オンライン」(京楽産業.)

次回入替は9月4日から。パチンコ4機種、パチスロ5機種となっている。販売予定台数からはパチスロ中心の入替になると思われるが、パチンコ側にも注目機種として「スマートぱちんこ ソードアート・オンライン」が控えている。

スペックは突入約64%、継続約81%+αのロングSTタイプで右はALL1500個。初当り確率も約1/319.9でP機と同様ながら突入・継続がCタイム分だけちょっと有利に。スペックだけを見れば「エヴァ」と勝負出来そうな気がするし、コンテンツも強い。今度こそ「スマパチ、始まる」らしい。

問題点としては散々言われているが「仕置人」で盛大にコケた筐体だったりステージなしの盤面に良くも悪くも気合入った京楽の台ということ。

今月29日から直営の『サンシャインKYORKU平針』でフィールドテスト開始とのことだが出玉以外の評価はどうなるやら。

以降のスマパチは10月に「義風堂々」、「e新海物語」、11月「ゲゲゲの鬼太郎」、その後「e Re:ゼロ」と数も少ない。ネームバリュー的には最強のはずの「新海」も売れ行きは良くないと聞く。

スマパチ「SAO」がダメならもうダメかも。ということで「スマスロ北斗」のように最後の砦として期待するホールが多いのか、それともパチスロが好調だからと何も起こらないホールが多数なのか。どうあれSAOの結果は天国or地獄にしかならない。

また新機種が導入されて「PF機動戦士ガンダムSEED」の稼働状況がどの程度落ち込むかも心配だ。なにせ「SEED」の設置台数は約5万台。去年の「ゴジラ対エヴァ」よりも多い。目標台数すら売れないスマパチと予定数大幅オーバーのP機。スマパチが全然出てこないのも当然か。

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project ©KYORAKU


コメント:6件 コメントを書く

  1. スマパチは大失敗だわ、マジ辞めろよ業界。
    設置費に150万って、ただ無駄な経費だよ。
    SAOでも売れるのは無理でしょ。
    そもそも海でダメなら、どんな機種でも無理。
    CRに戻してくれー

    8
    2
  2. パチンコやめたら退屈で死んじゃうよォ!!

    2
    7

-コラム
-,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」