×

パチンコ店は集団献血をすることが多い、協力したいが血を抜かれることが苦手【凡人S氏の徒然日記】

パチンコ店の社会貢献活動の1つとして集団献血がある。様々なパチンコ店で活動が行われており、それに対して近隣住民や社員の方々が協力をしている。

【献血について】
献血は「全血献血」と「成分献血」の2種類があるらしい。「全血献血」は血液中のすべての成分を献血する方法で400mL献血と200mL献血がある。一方、「成分献血」は血小板成分献血と血漿成分献血があり、成分採血装置を使用して血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法ということだ。

献血に種類があることすら知らなかった。

個人的には正直血を抜かれることが苦手で献血をしたことはない。しかし2023年は入院したり、通院したりしてこんなにも日々手術が行われているのかということを目の当たりにした。

血液は人の命を救うためには必要不可欠なもの。献血の会場を見かけた際には今度は勇気を振り絞って協力してみようと思う。


コメント:3件 コメントを書く

  1. 「たこ八郎に東大生の血を輸血してIQ上昇実験」
    昔のテレビ企画だけど、今はコンプライアンスの観点で問題になるだろな。
    「パチンカスに東大生の血を輸血してIQ上昇実験」とか。

    4
    0
  2. このさいともふくめてすべてができれーすですいいかげんにきづきましょう

    4
    0

-コラム
-,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」