×

外国PEPsペップスは眠れない【主婦与太子は見た】

お仕事の一環で銀行を訪問したりします。
たいていは相談窓口が二階に設けられていて、お代官様、お金を貸してくださいとか、返済を待ってくださいとお願いする訳です。

せっかくの機会なので、取引先銀行にて『外国政府等における重要な公人等(外国PEPs)に該当しない』ことを確認される理由と、該当するとどうなるのか聞いてみました。

改正「犯罪収益移転防止法」の施行に伴って行われているもので、要人が立場を利用して海外で悪いことをするのを防止する目的があるそうです。
かわいい表現でしたが脱税とか犯罪収益の移転でしょうか。

外国PEPsに該当すると、提出しなければいけない書類が増えるそうです。権力を持つと制約も増えそうですね。

やはり私には関係ない話だわ、と思っていると、「うちはメガバンクではないので今のところ関りがありませんが。」と取引先も仰ってました。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-コラム
-,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」