×

キスケが建設している「サウナ&スパホテル 喜助の宿 松山駅前店」の事前人気、顧客を惹き付けることができるか?【凡人S氏の徒然日記】

愛媛県でパチンコホールを店舗展開するキスケ。キスケはサウナや入浴施設の事業も行っており、2024年3月4日(月)に「サウナ&スパホテル 喜助の宿 松山駅前店」をオープンする。

この宿は2つの源泉を贅沢に堪能できる天然温泉と「サウナランキング2023」で日本一を受賞した「伊予の湯治場 喜助の湯」と併設した男性専用カプセルホテルである。

その喜助の宿がオープン前の2月9日・22日に実施する無料試泊会への参加者計120名を募集していたが、1,252名もの応募があったとのこと。試泊日には夕食・朝食のチケットもついているということでお得感満載だ。

「SNSへの投稿および写真撮影にご協力いただける方」という条件があるものの、そんなものは「喜んで協力します」という感じだろう。

芸能人でもサウナ―は多く、「ととのう」という言葉をよく聞くようになった。サウナ人気はまだまだ衰えない。

話は変わるがお笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達さんは高血圧でサウナはドクターストップがかかっているらしい。私も似たり寄ったりなので親近感が湧く。

都心でもサウナ施設が近年増えて、この「喜助の宿」に関しても個人的には興味津々である。


コメント:1件 コメントを書く

  1. カプセルホテル利用したことあるけど、もう少しお金を出してビジネスホテルに泊まった方が良いという結論になったなあ。深夜料金取るので思ってた以上に高いし、他人や自分のいびきが気になったりする。野宿や漫画喫茶よりはマシ。パチンコ、特に駅前の一等地に土地を持つ業者はカプセルホテルにも手を出している。

    1
    0

-コラム
-,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」