×

沖縄で使用されているパチスロ30φメダルは日本の本土のものよりも〇〇らしい【パチンコ動画ウォッチャー】

「【楽しさ100倍】沖スロの歴史」より

今回、紹介するのはパチスロメーカーのパイオニアが運営する「パイオニアチャンネル」が2月13日に公開した「【楽しさ100倍】沖スロの歴史」だ。

3月中旬より導入が開始されるスマスロ初のノーマルタイプ「スマート沖スロ ドラゴンハナハナ~閃光~」の登場を記念して製作された動画で、同社広報の田上信助氏が「沖スロ」について詳しく紹介している。

動画では、沖スロのルーツや沖スロが日本全国に広がるキッカケとなった機種、そして沖縄のパチスロ事情など興味深い内容が盛りだくさんとなっているが、その中でも一番驚いたのは30φメダルの大きさが2種類ある点。沖縄で主に使用されている30φメダルは日本の本土のものよりも若干大きいということは知らなかった。

なお、パイオニアチャンネルでは「ハナハナの歴史」の公開を予定しているとのことなのでそちらもチェックしておきたい。

「スマート沖スロ ドラゴンハナハナ~閃光~」がスマスロで登場することより、「沖スロ」「ハナハナ」に初めて触るという人も増えるだろう。この動画を見て沖スロについて知識を深め、沖スロを楽しんでみてはいかがだろうか。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-コラム
-, , , , , , , , ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」