×

「良い台」は高くても買うが「クズ台」はいらない、再販台を高額で売ることができれば自ずと営業戦略も変わる【我市場的瑣末主義】

後から考えると大きな変化につながる予兆も、その時点ではことの重大さに誰も気づかずあっさりやり過ごしてしまうことは多い。今後新台メーカーは、自信のある新台の初期ロッドを極力少ない台数にしメーカーがホールに「割り当てる」営業に切り替えるに違いない。

3~5万台売れると見込んでいる台も、最初1万台だけ「限定」販売にし、導入後想定通りの高稼働を実現してから実績を証明すると再販台はもちろん1台150万円以上。あるいはレンタルにしより高収益を狙うかも。そもそも中古価格が新台より5~6倍も高いのをメーカーが黙視していたこと自体不思議だった。

結局新台の評価はホールに実際に設置してみなければ判断できない、とよく言われる。つまり機種選択が「経営的賭けごと」になっていることが計画的成長の足かせの一つだった。

「良い台」は高くても買うが「クズ台」はいらない。メーカーは玉石混交の袋詰め(機歴)販売に活路を見出してきたが、良い台の評価を得た再販台を高額で売ることができれば自ずと営業戦略も変わる。

「初期ロット分のぶん捕り合戦が過熱し、150万円の再販台も強いチェーン店しか買えなくなる」とある強豪企業の社長が言った。問題は、いつから始まるか。

※本コラムは「日刊遊技情報」より抜粋


コメント:2件 コメントを書く

  1. 全て悪い台。全てバクチの元凶。

    3
    0
  2. それをそのままやるとどうなるか考えたことすらないのかね?
    とりあえず設置して稼動がいいかどうか見極める役を大手がやるんよ
    だって良い台かわからない機種に投資できないんだから 中小はね
    その時に新台価格をその程度で抑えられると思ってる?
    大手の立場なら中古は流通させず再販価格は10倍どころか100倍だってメーカーに付けさせるよ
    良い台判定が出るまで大手がどれだけ投資することになるか考えればそれでも少ないぐらいよ

    1
    0

-コラム
-, , , ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」