×

改装オープンした地下フロアはGW後も大盛況、八王子駅前のパチンコ店は「PIA」の一強状態へ

『PIA八王子』(パチスロ館)

「JR八王子駅」の北口近くにて営業してきたパチンコ店『コスミック八王子本店』が閉店したのは本年3月末のこと。総設置台数961台の大型ホールで、八王子といえば「コスミック」、そう評された時代もあったほどの老舗店舗である。閉鎖理由は「ビル老朽化建て替え準備の為」となっていて、このニュースには驚かされた業界関係者も少なくなかったはず。

もともと同駅周辺におけるパチンコ市場では『PIA八王子』が長らく地域一番店として君臨してきた。経営するのは言わずと知れた優良法人「マタハリー」グループだ。同社の中でも旗艦店舗の一つと評せる強豪店であり、(対抗馬が消えたことで)その座は更に盤石となったことだろう。そんな中で、GW直前となる4月26日(火)にはパチンコ館にて大型改装を実施したばかり。地下エリアにて大増台がアピールされていたものである。

GW明けに視察すると、パチスロ館の客付きは今一つという状況。繁忙期後の反動減はさすがの優良ホールでも避けられないか。それでもパチンコ館の方では(平日の昼間にもかかわらず)半数以上の席が埋まっていて十分な盛り上がりを見せている。特に地下フロアには主要機種が固まって設置されており、大量導入している「エヴァ未来」を中心に大盛況となっていた。

『PIA八王子』(パチンコ館)

ちなみに同駅周辺に位置している競合3店舗の総客数と比較しても『PIA八王子』の1軒だけで倍近い数の遊技客を集めていて、文字通りの一強状態だ。『ハイパージアス立川』や『楽園立川店』といった強豪ホールが林立している「立川駅」周辺エリアとは、全く異なる競争環境といえるだろう。

このように『コスミック八王子本店』の閉鎖はやはり影響が大きかった。なお、同じく八王子駅前で営業してきたグループ店舗『コスミック八王子2号店』では低貸専門店から4円パチンコ・20円パチスロを導入しての改装オープンを実施済みである。コスミックの総力結集とアピールされていたが、(総設置台数は410台と規模の優位性を持てないこともあって)本店のような存在感は見られていない。当面は「PIA」の独壇場といった感じになりそうだ。

『コスミック八王子2号店』


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:156件)


コメント:8件 コメントを書く

  1. 八王子でもダントツのボッタクリホール
    みんレポの差枚数見れば一目瞭然
    最近はボッタクリすぎて掲載すらしなくなった。
    イベントを煽りまくってボッタクるループ

    14
    2
  2. 1強というか、他が弱すぎ(笑)

    緊急事態宣言中で東京都内のパチ屋の大半が休業していた時でも資金的な問題なのか営業していたような店が競合店なんだもん。

    話にならない弱さ。

    12
    2

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコホール情報, エリアレポート, 東京都, ホール, 関東エリア
-, , , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島