×

【寄稿コラム】完全オリジナルのパチンコ機を開発・導入するダイナム、此処でしか打てないというアドバンテージは魅力的だ

ダイナムの完全オリジナル機「PAアニマルマンションGO」

ダイナムの完全オリジナル機第3弾となる「PAアニマルマンションGO」が一部ホールに先行導入されている。8月からは全国のダイナム各店でも稼働が開始され、約2千台を導入する予定だという。

昨年の「PA満開花火GO」以来、コンスタントにパチンコ台を発表しているダイナム。これまでは既出遊技機のスペック違いをオリジナル機と称して発表・設置することが多かったが、いよいよ遊技機開発に本腰を入れてきたように感じる。

ちなみに現在遊技機メーカーは、半導体不足もあって想定通りに販売することが難しい状況だ。数百台しか販売しないような機種も珍しくなくなった。コンテンツの著作料や開発費などを考えると、ペイ出来るとは思えない数値である。

そんな中で2千台規模を一括で買い上げオリジナル機として設置できれば、メーカー・ホール共に以前よりも旨味がありそうだ。現にダイナムのごらくブランドはオリジナルスペックということもあり、店舗によってはすこぶる好調な稼働を見せているもの。

ゲーム性やスペック設計をお任せ出来た上に、丸ごと購入してくれるならメーカーもこれほどの得意先はないはず。むろん売れ残りもないため、思い切った価格設定も可能だろう。そして長期で薄利の営業が出来ればお客様も楽しめる。

時代に適したメーカーとホールの在り方を長年模索してきたダイナムの想いが、ここに来て結実したといえるかもしれない。もういっそのこと、民事再生手続下にある遊技機メーカーのスポンサーとして名乗りを上げても面白いと思うのだが、さすがに簡単な話ではないか。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. 台南無はボッタ店

    11
    0

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-コラム, ホール
-, , , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島