×

遊びやすさと出玉性能を両立させて新登場!【試打レポート「Pとある魔術の禁書目録2」】

前作は導入されるやホールで大人気に!今回はそんな「Pとある魔術の禁書目録」の後継機、「Pとある魔術の禁書目録2」の試打レポートをお届けします!

【スペック概要】
■当選確率:通常時約1/319.6、右打ち中1/99.9
■ST回数:144回
■ラッシュ突入率:70%
■ラッシュ継続率:約77%

【大当り振り分け】
■通常時:約1500個(時短なし):30% 約1500個+ラッシュ:55% 約3000個+ラッシュ:15%
■ラッシュ時:STリセット:約20% 約1500個:約55% 約3000個+:約25%

約1500個 ※特図2はV入賞が条件
約3000個 ※約1500個×2回 V入賞が条件

ラッシュ突入率100%だった前作と違い、今作は70%に。その代わり約3000個の大当りが増えており、瞬発力は前作を上回ったものとなっています。

通常時はやはりまずカスタムをどれにするか迷うところですが、資料に組み合わせ例として載っていた「先ローリングモード」+「ラッキーパトモード」が面白そうだったので選択してみることに。

「ラッキーパトモード」は変動ごとに表示された回数以内にボタンを押してパトランプが光れば大当りとなるのですが、アツい変動が分かりやすい先ローリング発生時などと確かに相性が良い。鳴らなかったらどうしよう…という恐怖はありますが、とにかく結果を先に知りたいという人にはかなりオススメなんじゃないのかなと思います。

通常時は連続予告が大当たりのカギになっているなという印象。累計15回ほど通常時の大当りを引きましたが、全て連続予告が絡んでいました。連続予告は展開に注目で左方と右方どちらにいくか(右がチャンス)、さらに疑似×〇回目の文字が赤だったり金色になればチャンスと、予告中の流れが重要な印象でした。

大チャンスの待ち予告は「自動書記(ヨハネのペン)予告」「超電磁砲(レールガン)予告」「科学と魔術が交差するとき、物語は始まる――!!予告」「幻想殺し(イマジンブレイカー)デバイス」の4つ。

どれもスタイリッシュでカッコイイ演出ばかりなのですが、この中で個人的に1番好きになったのは「自動書記予告(ヨハネのペン)」。発生時点でアツいのはもちろんですが、選択された2つのチャンスアップ内容も注目で、特に「デバイス変化」が選択されるとラストに「幻想殺しデバイス(イマジンブレイカー)」が来るだろうワクワク感もあったりと、どのチャンスアップが選ばれるかにもドキドキできます。

バトル演出はどれも見ごたえのあるものばかりですが、今作では原作に無い「御坂美琴VS一方通行(アクセラレータ)」「一方通行(アクセラレータ)VS番外個体(ミサカワースト)」のような上条当麻VS以外ののバトルも見られるので、シリーズファンとしても見逃せないものとなっているんじゃないでしょうか。

奇数図柄はラッシュ直行ですが、偶数図柄だと「禁書目録(インデックス)チャレンジボーナス」で消化中にラッシュ突入か否かをジャッジします。

▼ラッシュは144回のロングST、4つのモードから選択可能

ラッシュ中の演出は大当り中に4つのモードから選択できます。ラッシュは144回転ですが、1~30回転は即当りメインの「LIMIT BREAK CHANCE(リミットブレイクチャンス)」、31~144回転はリーチ演出メインの「とある魔術の最強激突(ヒーローズラッシュ)」と消化する回転数によって演出タイプが分かれています。

即当りメインの「LIMIT BREAK CHANCE(リミットブレイクチャンス)」中はとにかく何か演出があればといったところで、「おや?」と違和感を感じていたらすぐさま告知が来るくらい、とにかく早いです。

即当りメインの「リミットブレイクチャンス」中はモードごとの違いをあまり感じませんでしたが、「とある魔術の最強激突(ヒーローズラッシュ)」中はモードによって結構違います。

■禁書目録(インデックス)モード

魔術サイドの強敵との王道バトルモードとなっています。まさに王道の演出タイプといったところで、リーチからバトル対戦相手に誰が選ばれるかまでドキドキできます。

■超電磁砲(レールガン)モード

こちらは「超電磁砲(レールガン)」シリーズのキャラが活躍するベーシックタイプのモード。ミッションSPリーチはなんと全て描き下ろしの演出らしいです。「超電磁砲(レールガン)」シリーズが好きな人なら一度は必ず選ぶべきモード。

■一方通行モード(アクセラレータ)

先の2モードに比べると、シンプルかつスタイリッシュなモード。突発告知が多めで、様々なサプライズを体感したい熟練者向けモードとなっているようです。

■ヒロインモード

5人のヒロインたちが活躍するパト告知モード。消化中は選択したヒロインと見つめあいながら消化しましょう。リーチ演出ももちろんあり、いきなりミニキャラが出てきてパトランプを鳴らすサプライズも。

また、全モードに約3000個大当り濃厚の専用演出もあるので、ファンならこちらもぜひ全モード制覇したいところですね。

「とある」シリーズはとにかく個人的な好みもあるでしょうが、とにかく演出がカッコよくて惹かれますね。

ミュージックモード:曲を楽しみたい人向け
クリアボイスモード:声優が好きな人向け
SE控えめモード:SEを抑えたい人向け

演出だけじゃなくサウンドにも力が入っていて、好みに合わせて音質も変化できます。これもファンに合わせた仕様で、とにかく全体的に力が入っているなと感じました。

導入は1月9日ともうすぐです!

Ⓒ鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX
Ⓒ鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ
Ⓒ鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX MOVIE
Ⓒ2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

ⒸJFJ CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


コメント:2件 コメントを書く

  1. 結局は、ホールが渋釘のオンパレードだから糞台の評価。
    神台の評価を下したければ、スロで言えば設定が6しかない台だな。根本的に客が勝てるかだけ。勝てない客から去っていく。

    1
    0
  2. ぱちんこらいたーってしょくぎょうなんですか

    0
    2

-新台
-

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」