×

パイオニアがスマスロ初のノーマルタイプとなる新機種「スマート沖スロ ドラゴンハナハナ~閃光~」を発表

パイオニアは1日、スマートパチスロ(スマスロ)初のノーマルタイプとなる新機種「スマート沖スロ ドラゴンハナハナ~閃光~」(ピーセカンド製)を発表した。全国のパチンコホールへの導入時期は2024年3月中旬を予定している。

昨年12月にホールデビューを果たした「ドラゴンハナハナ~閃光~-30」のスマスロバージョンで、専用パネルでの登場となる。スペックは「ドラゴンハナハナ~閃光~-30」を踏襲し、「ハナハナ」シリーズ史上最高のBB確率・BB比率を誇る超BB特化の”神獣スペック”となっている。

BB確率:1/256(設定①)~1/199(設定⑥)
RB確率:1/642(設定①)~1/399(設定⑥)
合成確率:1/183(設定①)~1/133(設定⑥)
出玉率 :97%(設定①)~110%(設定⑥)

また本機より音量調整機能を新搭載。リール停止時に左リールのボタンを長押しするとリール下のクレジット表示部にボリューム設定(5段階)が表示され、中リールのボタンを押すと「ボリュームダウン」、右リールのボタンを押すと「ボリュームアップ」となる。

機種サイト

©PIONEER CO.,LTD.

回答結果 (回答数1,134件)

スマスロ初のノーマルタイプとなる新機種「スマート沖スロ ドラゴンハナハナ~閃光~」につきまして、今のあなたの考えに近いものはどれですか?

期待している(42.9%)
どちらかというと期待している(14.3%)
どちらかというと期待していない(12.9%)
期待していない(29.9%)
投票は終了しました

アンケート一覧はこちら


コメント:21件 コメントを書く

  1. スマスロである意味がない

    32
    7
  2. 規制でしょうがないとは言えボーナス当たりの枚数が少ないんよなぁ
    BIG当選したら10G以内にREGが確定当選みたいなかんじで上手く誤魔化せないのだろうか

    21
    3

-新台
-, ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」