パチンコ業界ニュース 業界団体

大遊協、組合員パチンコホールに「可能な限りの休業」を要請 ~緊急事態宣言を受けて

8日、千日前商店街のパチンコ店は全て休業している。

大阪府遊技業協同組合(大遊協)は8日、「『緊急事態宣言』に伴うホール営業の自粛について」と題した要請文書を発出し、組合員パチンコホールに「4月9日より当分の間、可能な限り『ぱちんこ・パチスロ営業』の休業」を求めた。

吉村大阪府知事が7日、府民に対して要請した「外出の自粛」と「イベント開催の自粛」等を受けて、大遊協は7日と8日に大遊協執行部として緊急会議を開催し、組合としての姿勢・方針を組合員に示すことを決定。

今回、大遊協が示した方針は「大阪府下において、遊技営業を営む営業者の組合として、大阪府知事からの『不要不急の外出自粛、自宅待機、イベント開催の自粛』等の要請を重く受け止め、『大阪府民、お客様、従業員及びその家族の健康と命を守る行動をとるべきである』と決意し、4月9日より当分の間、可能な限り『ぱちんこ・パチスロ営業』について休業の要請をします」というもので、府下の組合員ホールへの休業を求めた。

組合からの要請を受けて9日より休業することを決めた大阪市内のパチンコ店の店長は「とりあえず1週間程度は様子を見て、それからどうするか考える。今は営業したところでお客はこない」と話した。

8日時点の大阪府下のホールでは臨時休業が目立ち、大阪ミナミのパチンコ激戦区・千日前では『マルハン』『123』『大東洋』『楽園』など全てのパチンコ店が臨時休業している。

大阪府遊技業協同組合(大遊協)

ジーマ
大阪は明日から休業する店舗が増えそうだね。
営業するパチンコ店あったらすごいらぁ。
イスラ

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.