×

【PR】遊技台設置スペースにジャストフィットするデジタルガジェット「パチネージ・スロネージ」

「パチネージ&スロネージ」設置例

加藤商会はこのほど、パチンコ店向けの新製品として遊技島専用デジタルガジェット「パチネージ・スロネージ」の販売を開始した。

「パチネージ・スロネージ」は、遊技機と同じサイズに設計されたアンドロイドOS搭載の大型液晶パネルで、旧規則機の撤去や減台によってうまれる島の空きスペースに設置し、告知スペースなどとして有効活用するために同社が独自に開発。液晶に表示する画像や動画は任意に設定でき、遊技機の撤去・減台により暗くなった島を華やかに演出することも可能と、ベニヤ対応以外の新たな選択肢としての活用が見込まれる。

また、簡単に設置・取り外しできる点や、取り外したあとも壁掛け用フレーム(※オプション)を使うことで壁掛け式のサイネージとして再利用できる点なども大きな特徴となっている。

下記の製品ページは4月13日から公開されており、すでにパチンコ店での新型コロナウイルス感染防止策として定着しつつある1台おきに遊技機を間引いた営業スタイルに利用できないかとの問い合わせもあるなど、様々な活用に期待できる製品として注目が集まっている。

■「パチネージ・スロネージ」製品紹介ページ
http://www.katoshokai.co.jp/service/pachinage


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

-パチンコ業界ニュース, その他のニュース
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島