×

パチンコ業界ニュース 業界団体

3月末の全日遊連加盟パチンコ店舗数は前月比53店舗減の8710店舗 ~3月中の新規店はゼロ

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)がこのほど発表した「組合加盟店舗実態調査」の最新版の調査結果によると、2020年3月末における営業パチンコ店舗数は2月末より53店舗少ない8710店舗となった。

3月中の新規店舗はゼロ。また、廃業店舗数は66店舗(前月比プラス32店舗)と2月から倍増、3月中に発生した休業店舗数は12店舗(同マイナス13店舗)だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月中もパチンコ店の新規オープンが見込めないことから、店舗数は大幅に減少する可能性が高い。

遊技機の設置台数は、パチンコが232万8558台(前月比マイナス1万822台)、パチスロが150万6388台(同マイナス5781台)で、前月から変動がなかったその他37件を含めた総設置台数は383万4983台(同マイナス1万6603台)だった。

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

ジーマ
このまま4月も新規出店はないだろうね。4月は何店舗減るんだろうか、、、。

今年中に7000店舗台突入が現実になってきたらぁ、、、。
イスラ

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

編集部ピックアップ

1

株式会社ユーコーリプロ/金海基浩常務取締役 残り2ヶ月で100万台 最終撤去期限まで残り2ヶ月と迫っ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島