パチンコ業界ニュース 業界団体

RSN、3月の相談数は前月比54件増の401件

RSNがこのほど開設した「パチンコ依存問題予防・啓発情報サイト」

パチンコ依存問題の相談機関であるリカバリーサポート・ネットワーク(RSN)は、2020年3月中に受けた相談数は401件(支援室34件含む)で、2月より54件増加したと機関紙「さくら通信」156号(4月24日発行)で報告した。

401件のうち、日中(10時~16時)が199件(支援室22件含む)、夜間が(16時~22時)202件(同12件含む)と、夜間相談の件数が日中相談の件数を初めて上回った。また、相談に至った経路は、本人と家族・友人からの初回相談230件のうち「ホール内の啓発ポスター」が84件(37%)で最も多く、次いで多かったのは「インターネット」で55件(24%)だった。

このほか、RSNではパチンコ依存問題の予防・啓発に役立つ情報をまとめたホームページの開設を報告。自分に合った遊び方でパチンコ・パチスロを楽しんでもらう事を目的に、パチンコ・パチスロの依存問題に関する正しい情報を発信していくという。

■パチンコ依存問題予防・啓発情報サイト
http://rsndesign.jp/safeplay/

冒頭の近況報告では、「遊技客間の接触が少ない」「台と台の間に仕切りがある」といったパチンコ独特の営業環境がパチンコ店での新型コロナウイルスのクラスター発生を抑止している可能性があるとしながらも、「だからといって安全という証明もできない。(中略)お客さんの感染リスクをいかに下げるか、パチンコ店が地域の感染拡大源とならないためにできることはなにか、社会貢献としてできることはなにか、今、遊技産業の真価が社会から問われているように思う」との考えが綴らている。

リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)

ジーマ
こんな状況でも電話相談は増えてるんだね。
4月はみんなあんまりパッスロ打てないし相談減るからぁ。
イスラ
コメント (0)

編集部の注目記事

1

このコラムを書くのも本当に久しぶりです。ホールでのシフトの兼ね合いもありまして、書く時間が確保できま ...

2

サミーは16日、パチスロ新機種「パチスロ北斗の拳 宿命」(製造元/タイヨーエレック)が保通協の型式試 ...

3

 本稿では、弊社が運営している「たばこの吸えるパチンコ店検索サイト『パチモク』」における登録店舗の状 ...

4

バックナンバー 青年部連合会『パチンコホールの換気実証実験』が話題に 青年部連合会では『パチンコホー ...

5

全国遊技場青年部連合会は26日、名古屋市内の会議室AP名古屋において「パチンコホールの換気実証実験」 ...

6

全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は19日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会で ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.