×

伯和グループ、東広島市と三次市にマスク1万枚を寄贈

広島県を中心に『ビクトリー』などの屋号でパチンコホール31店舗を運営する伯和グループは、新型コロナウイルスの感染防止に役立ててもらおうと、マスクを東広島市と三次市にそれぞれ5000枚ずつ計1万枚を寄付した。

伯和グループは「お客様やスタッフの安全、安心を守ると共に、1日でも早く地域の人々の笑顔が戻ることを願っている。この危機的な状況を乗り越えられるよう、微力だが今後も私たちにできる最大限の支援していきたい」とコメント。なお、同社が寄付したマスクは医療関係・介護福祉関係に配布されるという。

伯和グループ

ジーマ
マスクはいくらあってもいいからね。
イスラはずっと同じマスク着けてるらぁ。
イスラ
ジーマ
そういやウチのオカンもそんなこと言ってたわ。

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機イヤーとなった2022年に閉店したパチンコホールは全国で計770店舗だった(編集部調べ)。こ ...

2

1月度におけるパチスロの最多導入は「HEY!エリートサラリーマン鏡(パオン・ディーピー)」だった 今 ...

3

「大阪楽園グループ」は大阪府にてパチンコホールを店舗展開するチェーン企業である。経営店舗は「ラクエン ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島