×

パチンコホール企業のコロナ関連倒産2例目、『有楽DELZACC』などの有楽商事が倒産

帝国データバンクによると、群馬県内でパチンコホールを運営していた有楽商事(本社・群馬県沼田市)が4月30日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。負債は2018年12月期末時点で約31億4800万円(うち金融債務は約29億円)だが、今後変動する可能性があるとしている。

同社は1964年に創業。群馬県内でパチンコホール『有楽DELZACC』『有楽JARAZACC』『有楽TAMAZACC』『有楽スロット館』を展開し、2004年12月期には売上高約97億5000万円を計上していた。

しかし、出店エリアの少子高齢化や規則改正によるパチンコ・パチスロの射幸性低下、さらに競合店との競争激化などにより業績は悪化し、2018年12月期の売上高は約48億8200万円まで落ち込んだ。赤字の慢性化、金融債務が重荷となるなか、今年4月7日に政府が発令した「緊急事態宣言」に伴い、4月14日より全店舗を臨時休業としていたが、事業継続を断念、今回の措置となった。

なお、新型コロナウイルスに関連するパチンコホール企業の倒産は、赤玉(負債約37億円)に続き2例目。

帝国データバンク

ジーマ
臨時休業して、そのまま倒産ってホールはほかにも増えそう。
悲しいらぁ。
イスラ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:181件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

山佐ネクストは5日、同社公式YouTubeチャンネルにてパチスロ新機種「スーパーリオエース」のPVな ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島