パチンコ業界ニュース ホール

特定警戒都道府県以外のパチンコ店で営業再開の動き ~佐賀県は5月7日から営業再開へ

佐賀県が発表したパチンコ店への緊急事態措置

政府は4日、緊急事態宣言を全国一律で5月末までの延長を発表。基本的対処方針の改定に伴い、特定警戒都道府県以外の34県には感染拡大の防止と社会経済活動の維持の両面に配慮した取り組みの必要性が示され、早いところでは7日から感染拡大防止の徹底を条件にパチンコ店を含む多くの施設が営業を再開することができることとなった。

一部の業態を除き5月6日をもって休業要請を終了するとした佐賀県では、3密を徹底的に避けることを主軸とした感染対策の徹底、業界ごとにガイドラインを作成するなどの自主的な感染防止対策を要請。パチンコ店への休業要請も終了となり、7日からの営業再開が可能となった。ただし、営業再開にあたっては下記の11項目の感染防止対策を実施する必要がある。

・常時、出入口を開放し換気を実施

・各出入口に消毒液の設置

・台間パーテーションもしくは遊技機2台に1台を稼働させる間引き営業

・客が入れ替わる度の遊技台消毒

・客のマスク着用義務

・集客を目的とする広告宣伝の自粛

・開店前の行列について特段の配慮すること(大きく間隔を空けて並ぶよう誘導など)

・景品カウンターのビニールカーテン設置

・従業員のマスク着用、出勤時の体温計測義務化

・閉店時間を1時間以上縮めた時短営業(22時までには閉店)の実施

・閉店後の徹底した消毒作業の実施

これらに加えて、県外からの来訪対策として「県外ナンバー車両の駐車場への入場制限」「店舗入口での身分証確認の上、県外在住者の店内への入場制限」「ホール会員以外の客の入場制限(新規会員登録は身分証で県内在住確認)」の3点のいずれかの実施が求められる。なお、これらの実施状況を不定期に県が確認する。

これを受けて、佐賀県内の一部のパチンコホールはホームページを更新し、7日からの営業再開を告知している。

ジーマ
GW明けから営業再開するできるのは嬉しいニュースだけど、感染防止対策の徹底や県外からの流入を避ける取り組みは大変だろうね。
明日からパッスロ打てる地域の人は羨ましいらぁ。
イスラ

編集部の注目記事

1

ネットは3日、同社のパチスロ新台として人気コスプレイヤー・えなこさんを主演に迎え「スーパーブラックジャック」の世界を完全実写化した2.5次元パチスロ「ハイパーブラックジャック(HBJ)」を発売すると発 ...

2

ユーコーリプロの金海基浩常務取締役 警察庁は本年5月14日、国家公安委員会規則を一部改正のうえ、旧規則機の設置期限を最大で1年間延長した。この判断を受けた「パチンコ・パチスロ産業21世紀会」(以下、2 ...

3

『ヒロキ東口店』 関東地方の中でも新宿や池袋に次いで、最大級のパチンコ市場の一つである、東京都大田区蒲田地区。編集部では、同エリアにおいて毎週金曜日15時時点での稼働率および入替状況を調査している。調 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.