パチンコ業界ニュース 業界団体

RSN、2019年の電話相談事業の成果をまとめた報告書を発刊

2020年5月12日

パチンコ依存問題の相談機関である認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)はこのほど、2019年の電話相談事業の成果をまとめた報告書を発刊した。

報告書によると、2019年の1年間にRSNが受けた電話相談は、前年より573件少ない5222件(月平均435件)。2006年4月からの累計相談数は3万6213件となった。

RSNの電話相談の特徴は本人からの相談であり、初回相談3203件のうち、「本人からの相談」は2662件と全体の84%を占めた。相談者の相談経路では、ホール内ポスターが最も多く1232件、39%。ホール折込チラシ108件、ホール配布物103件、ホール関係者40件、ホール貼付ステッカー26件、ホール配布ティッシュ6件、ATM啓発メッセージ13件など、ホールによる啓発活動が複数の経路へと多様化しつつあることがうかがえる。

夜間相談は2293件、RSN支援室の相談は517件だった。遊技業界からの出向・研修事業の活動報告によると、2017年5月~2019年5月までに16名が出向し、相談にあたった。また、2019年8月からは6カ月以上の企業研修がスタート。研修者は研修後、相談対応を行いながら、研修で得た経験・知識を自社・組合・業界へどのように生かすかを具体的に考えるなど、より深く依存に関連する問題とその対応を学べるようになるといい、すでに2名の研修者が着任した。

RSNの西村直之代表は報告書発刊にあたり「この成果が、問題あるユーザーや家族の問題解決の一助になること、そして健全な遊技環境の発展に寄与することを心から願っている」としている。

リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)

ジーマ
イスラちゃんも勉強のために、リカバリーサポート・ネットワークに研修にいったら?
わーい、沖縄にいけるらぁ。
イスラ
ジーマ
、、、。
コメント (0)

編集部の注目記事

1

このコラムを書くのも本当に久しぶりです。ホールでのシフトの兼ね合いもありまして、書く時間が確保できま ...

2

サミーは16日、パチスロ新機種「パチスロ北斗の拳 宿命」(製造元/タイヨーエレック)が保通協の型式試 ...

3

 本稿では、弊社が運営している「たばこの吸えるパチンコ店検索サイト『パチモク』」における登録店舗の状 ...

4

バックナンバー 青年部連合会『パチンコホールの換気実証実験』が話題に 青年部連合会では『パチンコホー ...

5

全国遊技場青年部連合会は26日、名古屋市内の会議室AP名古屋において「パチンコホールの換気実証実験」 ...

6

全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は19日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会で ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.