パチンコ業界ニュース 業界団体

岐阜県遊協が総会、大野理事長が再選 ~「組合員の意見を支えに、何とかこの厄災を乗り越えたい」

岐阜県遊技業協同組合は5月28日、岐阜市の遊技会館において2020年度第59期通常総会を開催した。

当日は組合員138名中、本人出席37名、委任状出席88名で総会は成立。全8議案の審議を行い、全て原案通り可決した。役員改選では大野春光理事長の再選と副理事長5名の執行部を決定。大野理事長は就任の挨拶で「100年に1度の世界的厄災の中、新しい競争社会が始まろうとしている。教科書に書かれていない、誰も正解が分からない中、我々は手探りで進むしかない。再び重い役職を担うこととなったが、組合員の皆様の意見を支えに何とかこの厄災を乗り越えるべく努力していきたい」と決意を述べた。大野理事長は7期目突入となる。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から来賓祝辞と総会終了後の行政講話は取りやめとなったが、岐阜県警生活安全総務課の三輪哲久課長補佐より書面にて講話が送られ、健全化に向けた協力が呼びかけられた。

また新型コロナウイルス感染症に関連して、「パチンコ店においてはガイドラインによる対策をとることで自粛要請から除外されているということを改めて認識し、引き続き感染予防対策の確実な実行」を要請。そのうえで「店舗でクラスターが発生すれば、これまでの営業自粛や努力が水の泡となってしまう事態となりかねない」と警鐘を鳴らした。

なお、本総会は出席者にマスクの着用、当日までの直近4日間に37.5度以上の熱が出た場合は参加自粛を求めるなどの感染予防策を徹底したうえでの開催となった。

岐阜県遊技業協同組合

ジーマ
可能ならパチンコ店も「過去1週間の間に37.5度以上の熱が出た人は入店お断り」をやった方が良いかもね。
みんな正直に言うからぁ、、、。
イスラ
コメント (0)

編集部の注目記事

1

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

2

都内のパチンコホールでは緊急事態宣言が発令された8日より広告宣伝の自粛をはじめとした対応が始まってい ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.