×

パチンコ業界ニュース ホール

東京商工リサーチ、5月のパチンコホールの倒産状況 ~今年5月までの累計倒産件数は前年同期より倍増

東京商工リサーチが5日に発表したレポート「2020年5月『パチンコホール』倒産状況」によると、今年5月中のパチンコホールの倒産は2件(前年同月比プラス100.0%)。今年1月~5月の累計倒産件数は12件(同プラス100.0%)となり、前年同期(6件)の2倍増に急増したことが分かった。

レポートでは「新型コロナウイルス関連の倒産が5月までに3件あり件数を押し上げた。2020年は2014年以来、6年ぶりに年間30件を突破する可能性も出てきた」と指摘し、「出玉規制や受動喫煙の防止などで経営環境が厳しさを増すパチンコホールだが、 4月の緊急事態宣言の発令で、休業要請はパチンコホールの体力を奪った一方、通常営業が社会的な関心を集めた。要請に応じなかったパチンコホールは店名を公表され、業界全体が混乱に陥った」とパチンコ業界の動向を説明している。

また、5月からパチンコホールが政府系金融機関や信用保証協会の融資や保証の対象となったことや、警察庁が旧規則機の設置期限を1年延長したことについて「これでパチンコホールの廃業や倒産を、一時的には抑制する効果も期待される」としながらも、「2カ月に及ぶ休業や、感染予防対策での稼働率低下など、経営環境は依然として厳しい。資金力の乏しい中小・零細のパチンコホールの淘汰は、これから本番を迎えそうだ」と見通した。

レポートではこのほか主な倒産事例として赤玉、有楽商事、愛染観光を掲載している。

株式会社東京商工リサーチ

ジーマ
閉店する店舗も増えてるよね。倒産、まだ増えるのかな。
頑張って欲しいらぁ。
イスラ
コメント (0)

編集部ピックアップ

1

12月末時点の旧規則機はPS合算68万3000台 全日遊連は6日、メーカー・販社団体がまとめた「新規 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島