×

4月末の高射幸性パチスロ機は11.4万台、設置比率は7.96%

日本遊技機工業組合(日工組)と日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)がまとめた「新基準に該当しない高射幸性遊技機設置状況の推移について」によると、2020年4月30日時点での高射幸性パチスロ機は3月末から3178台減少し11万4173台となった。

2020年4月末時点におけるパチスロの総設置台数143万3944台(前月比マイナス19万7594台)。このうち、新基準に該当しないパチスロ機は17万2369台(同マイナス6140台)、設置比率は12.02%(同プラス1.08ポイント)。また、高射幸性パチスロ機は11万4173台(同マイナス3178台)で、設置比率は7.96%(同プラス0.77ポイント)だった。

4月は「パチスロ マクロスフロンティア2」(SANKYO)、「パチスロ鉄拳3rd」(山佐)、「パチスロ バーストエンジェル」(山佐)の高射幸性パチスロ機3機種が認定切れを迎えた(東京検定基準)。しかし、まだ認定切れとなっていない地域もあり全国ではそれぞれ設置が残っている状況となっている。

また、1万台以上設置がある高射幸性パチスロ機では、「押忍!サラリーマン番長」が1万6879台(前月比マイナス469台)、「パチスロ黄門ちゃま 喝」が1万3185台(マイナス173台)、「ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐」が6万4637台(同マイナス347台)といずれも微減となった。

日本遊技機工業組合(日工組)

日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)

ジーマ
高射幸性パチスロ機のメイン機種も一応、少しずつは減ってるんだね。
てか、なんでまだ設置できるのに外すんだろうな。
ダオ
イスラ
壊れたんじゃないからぁ、、、。
だろうね。
ジーマ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

国が推し進めるキャッシュレス決済の取組みや、マイナンバーカード普及に向けたマイナポイントの支給等によ ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島