パチンコ業界ニュース 業界団体

4月のパチンコホールの売上高、前年同月比6割減 ~経産省「特定サービス産業動態統計」4月分確報

経済産業省大臣官房調査統計グループは15日、「特定サービス産業動態統計調査」における2020年4月分の確報を公表した。それによると、「パチンコホール」の売上高は1097億7700万円、前年同月比の増減率はマイナス61.8%と大幅に減少。4月は政府の緊急事態宣言に伴い、多くのパチンコ店が臨時休業した影響が大きく数値に現れた格好だ。

店舗数は対前年同月比マイナス1.4%、遊技機の設置台数は同マイナス1.4%とそれぞれマイナス。また、従業員数では増加傾向が続いていたその他従業者が10カ月ぶりにマイナス0.9%となったほか、正社員も同マイナス1.7%だった。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でそのほかの対個人サービス業の趣味・娯楽関連業種の業績も全て減少。その中でも特に「遊園地・テーマパーク」の影響が大きく、売上高は6億3800万円で対前年同月比マイナス98.9%。ボウリング場においても、売上高は1億700万円で対前年同月比マイナス92.4%。一方、ゴルフ関連では、「ゴルフ場」が売上高39億700万円で同マイナス49.1%、「ゴルフ練習場」が売上高16億9200万円で同マイナス34.1%と、他の娯楽業種に比べ落ち込み幅は小さかった。

同調査は、特定のサービス産業の売上高等の経営動向を把握し、短期的な景気、雇用動向等の判断材料とするとともに産業構造政策、中小企業政策の推進及びサービス産業の健全な育成のための資料を得ることを目的として1987年12月にスタート(「パチンコホール」への調査は2000年1月から)。調査業種に属する業務を営む企業(又は事業所)で、調査業種の全国年間売上高の概ね70%をカバーする売上高上位の企業(又は事業所)を対象に調査を行い、毎月公表している。

経済産業省

ジーマ
緊急事態宣言中もゴルフに行ってた人はまあまあいるという事実。
山の中でするスポーツだから大丈夫らぁ。
イスラ
ジーマ
屋内の打ちっ放しはさすがに休業してたんだよね。知らんけど。

編集部の注目記事

1

『マルハンなんば本館』 本日、7月7日は七夕であると同時にパチンコ・パチスロファンにとっては特別な日である。大当りを連想する7が並ぶ日ということで毎年、多くのパチンコ店の店頭に大行列ができるというのが ...

2

『やすだ』の屋号で関東圏を中心にパチンコ店を27店舗チェーン展開する安田屋は6日、同社ホームページで『やすだ大山1・2号店』(東京都板橋区)において従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判 ...

3

ネットは3日、同社のパチスロ新台として人気コスプレイヤー・えなこさんを主演に迎え「スーパーブラックジャック」の世界を完全実写化した2.5次元パチスロ「ハイパーブラックジャック(HBJ)」を発売すると発 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.