パチンコ業界ニュース 業界団体

日遊協会長に庄司孝輝氏が再選「メーカー、ホール、販社、関係企業が強い連帯意識をもって、この難局に挑む必要がある」

日本遊技関連事業協会(日遊協)は18日、東京都新宿区のハイアット・リージェンシー東京において第31回通常総会を開催。任期満了に伴う役員改選で庄司孝輝会長を再任した。

庄司会長は冒頭の挨拶で、新型コロナウイルス感染拡大防止への協力に対し深甚なる謝意を述べた。また、旧規則機の経過措置延長、セーフティネット保証5号と政府系金融機関・信用保証協会の融資や保証の対象業種入りが実現した事は「業界が連携して取り組んだ一条の光」だとして関係者に感謝の言葉を述べ、「この約1ケ月半の休業によって被った損失は一朝一夕に取り戻せるものではないが、メーカー、ホール、販社、関係企業が強い連帯意識をもってこの難局に挑む必要がある」と協力を呼びかけた。

総会は正会員309社、出席230社(委任状179社含む)により成立。全3議案を上程して、原案通り承認した。経過措置延長の趣旨について説明に立った庄司会長は、異例の改正が実現した背景には新型コロナの影響によって遊技機の入替が困難になっている状況と、業界6団体が計画的な入替ができるよう要望した成果と強調。そのうえで「旧規則機は本来、ギャンブル等依存問題対策のため、来年1月末までに撤去しなければならなかったもので、経過措置期間が1年延長されたからとは言え、これらの遊技機を業界全体で速やかに撤去していくという方向性には何ら変りない。新型コロナの影響に伴う業績悪化で経営の見通しがたたず、多くの方が苦しんでおられる事も承知しているが、このような、規則改正から21世紀会決議に至るまでの経緯を充分にご理解いただきたい」とし、誓約書の提出などについて理解と協力を求めた。

庄司会長が「かつてないような難しい問題にも素早く、的確に対応するために能力ある若い人材を積極的に登用する、大胆な人事を目指した」とする役員改選では、新たに西村拓郎氏(日拓ホーム)、平本直樹氏(プローバ)、福山裕治氏(フェイスグループ)、高谷厚之氏(リンクス)の4名を副会長に選出。また、新理事には飯塚邦晴氏(新日邦)、大泉秀治氏(オーイズミ)の2名が新任となった。

なお、本総会は新型コロナウイルス感染抑止の観点から、会場では間隔を開けての着席、議事進行など可能な限り圧縮・簡素化し、行政講話は書面配布形式、懇親会中止など例年とは異なった形での開催となった。

日本遊技関連事業協会(日遊協)

ジーマ
誓約書提出を改めて呼び掛けたということは、提出してないホールがまだあるんだろうな。
誓約書提出しても守らないってホールもありそう。罰則はどうすんだ?
ダオ

編集部の注目記事

1

『マルハンなんば本館』 本日、7月7日は七夕であると同時にパチンコ・パチスロファンにとっては特別な日である。大当りを連想する7が並ぶ日ということで毎年、多くのパチンコ店の店頭に大行列ができるというのが ...

2

『やすだ』の屋号で関東圏を中心にパチンコ店を27店舗チェーン展開する安田屋は6日、同社ホームページで『やすだ大山1・2号店』(東京都板橋区)において従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判 ...

3

ネットは3日、同社のパチスロ新台として人気コスプレイヤー・えなこさんを主演に迎え「スーパーブラックジャック」の世界を完全実写化した2.5次元パチスロ「ハイパーブラックジャック(HBJ)」を発売すると発 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.