パチンコ業界ニュース 業界団体

5月中のRSN電話相談、新型コロナの影響を感じる相談が多数

パチンコ依存問題の相談機関であるリカバリーサポート・ネットワーク(RSN)は25日、機関紙「さくら通信」の第158号を発行。それによると、5月の電話相談件数は前月より98件少ない187件(支援室27件含む)となった。緊急事態宣言に伴い全国のパチンコ店が営業自粛を行った影響で相談件数は減少。1カ月の相談件数が200件を割ったのは夜間相談を開始した2017年11月以降では初めてのことだという。

187件のうち10時から16時の日中の相談は99件(支援室17件含む)、16時から22時までの夜間の相談は88件(同10件含む)とそれぞれ減少。また、初回相談65件の集計では、本人からの相談は56件(86%)、家族・友人9件(14%)。初回相談の経路は、インターネット25件、ホール内ポスター24件、不明・拒否12件、ホール貼付ステッカー1件、ホール折込チラシ1件、ホール関係者2件だった。

外出自粛、営業自粛などの新型コロナ感染症対策下で、これまでののめり込みの相談とは異なる相談も多く寄せられたといい、紙面でパチンコ店の営業自粛を求める相談電話の内容を紹介。感染の恐怖からパチンコ店に行かなくなった相談者は、暇ですることがなく辛いと感じるようになり、パチンコ店で遊んでいる人に対して苛立ちを感じるようになった。新型コロナで数少ない楽しみができなくなり、他者やパチンコ店に八つ当たりをしていると感じた相談員は、「暇でする事がない」という思いに焦点をあて、家での過ごし方について話し合ったとしている。

RSNでは、沖縄県で緊急事態宣言が発令された後も、全てのパチンコ店が休業しているわけではないとして電話相談を継続。事務所内が三密にならないよう出勤制限や相談員席の配置を工夫するなど、感染防止対策を徹底しながら対応した。

リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)

イスラ
コロナの影響でイライラしてる人がいるんだらぁ、、、。
まあ仕方ないけど、他人に八つ当たりするのは良くないと思う。
ジーマ

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.