×

6月のパチンコホール企業の倒産状況、10カ月ぶりに倒産発生なし

2020年6月度は倒産はなく、パチンコ店の新規オープンが相次いだ。写真は、加熱式たばこエリアが80%超の『ピーアーク北千住SSS』(東京都足立区)。

東京商工リサーチはこのほど、「2020年6月度パチンコホール経営会社の倒産状況」を発表。それによると、6月度のパチンコホールの倒産は0件(前年同月3件)だった。倒産発生なしは2019年8月以来、10カ月ぶり。

2020年上半期(1月~6月)の倒産状況では、倒産件数12件(前年同期比プラス3件)で、上半期としては3年ぶりに前年同期を上回った。また、負債総額は120億2500万円(同マイナス25億2600万円)となり、2年ぶりに前年同期を下回った。レポートでは「前年同期に負債100億円以上の大型倒産が1件発生したことが影響した」としている。

株式会社東京商工リサーチ

イスラ
最近、感染者増えてきたからまたお客さん減りそうらぁ。
パチンコ店では感染しにくいから大丈夫だろ。
ダオ
ジーマ
外出自体を控える人が増えるかもね。

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:80件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

SANKYOは25日、同社のYouTube公式チャンネルにおいてパチンコ新機種「Pフィーバーからくり ...

2

『新!ガーデン春日部』 「遊楽ガーデン」グループは首都圏を中心にパチンコホールを展開する有力チェーン ...

3

藤商事は24日、同社のYouTube公式チャンネルにおいて新機種「パチスロFAIRY TAIL2」の ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島