布研磨機用使い捨てベルト

パチンコ業界ニュース その他のニュース

新型コロナの影響で新台購入費を削減するパチンコ店87.4% ~新型コロナウイルスに関する全国調査

2020年7月28日

パチンコ業界に特化したマーケティングをおこなうシーズリサーチ(本社・東京都台東区)は今月20日、「新型コロナウイルスに関する全国パチンコ店調査レポート」と題するWEBアンケートの結果をまとめたレポートを同社のホームページに掲載した。調査期間は同6日~12日までの1週間。パチンコ店の運営に携わる経営者や本社の管理者、店舗責任者などが回答者(912サンプル)となっている。

パチンコ店における感染症予防対策の実施内容はパチンコ・パチスロ産業21世紀会が定めるガイドラインにほぼ準拠しており、実施状況は「遊技客のマスク着用」が96.9%、「入口や店内での消毒設備の設置」が96.4%、「遊技台をはじめとする共有部分の消毒」が96.0%などでいずれも高い数値を示したが、「トイレ内の消毒やハンドドライヤーの使用停止」「景品カウンターでの交換客の間隔確保」「台間ボードの仕切りや間隔をあけた遊技環境」は8割台。さらに「入場時の整理や対策」「店内BGMのボリューム調整」「喫煙ブース等の利用制限」はそれぞれ7割台とやや低く、「入店時の体温測定」については30.8%に留まった。

また、新型コロナウイルスが流行する以前との稼働比較では「3~4割減少」が62.6%ともっとも多い。来店客の回復がままならない状況のなか、営業面の不安に関しては、「従業員への新型コロナウイルス感染」(80.6%)につづき、「店舗でのクラスター発生」(78.5%)が高い割合で懸念された。さらに「パチンコへのイメージ(の減少)」(63.5%)、「従業員の雇用維持」(39.6%)なども危惧されている。

一方、来店客の減少に対応するコスト削減策では「新台の購入費」とする回答が87.4%で最高値。ただ、店舗側と本社側の回答には違いがみられ、今回の調査によれば、店舗側は「設置台数の削減」「広告宣伝費」「人件費」など営業にかかわるコスト削減で現状をしのぐ考えを示し、本社側は「コンサル等の外注費」「研修・セミナー費」「地代・家賃」といった運営面での項目をコストの削減対象にあげている。

シーズリサーチ

ダオ
新台費用を抑えるといっても新規則機に入れ替えていかないとダメだしどうすんだ。
中古機とかにするのかな。まあ旧規則機はギリギリまで使うんだろうね。
ジーマ
コメント (0)

編集部の注目記事

1

第2波によると思われる感染拡大が続き、盆休みも帰省すべきかどうすべきなのかという決着のつかない議論が ...

2

『エルグラン町田店』 パチンコ、パチスロを遊技しながら加熱式たばこを吸える「加熱式たばこエリア」を設 ...

3

パチンコ・パチスロの新台導入スケジュールを日付順にまとめました。導入日は地域によって差がある場合があ ...

-パチンコ業界ニュース, その他のニュース
-, ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.