×

パチンコ業界ニュース その他のニュース

メイドインサービス、旧規則パチスロ機の撤去対応などについてレクチャー

メイドインサービスの飯田信一取締役常務

パチスロ機の設定シミュレーションソフトの開発や販売、運営などを行うメイドインサービスは7月29日、パチスロウェブセミナー2020を開催した。

講師を務めた飯田信一取締役常務は、「5号機撤去の『第一波』が予定されている2020年末。残りの半年でやらなければならない事柄と2021年11月末の5号機撤去『第二波』に向けてのパチスロ運営の進め方、6号機の設定調整のポイント」として、「コロナ禍の影響」「5号機撤去」「6号機の設定調整のポイント」「中古機活用法」について約70分解説した。

コロナ禍の影響については、ホールの率直な声として「これまでの稼働の8割戻らないと売上・粗利共にかなり厳しい」「パチスロ稼働は8~9割戻ってきているが、パチンコ稼働が依然厳しい」「機械予算の大幅削減は避けられない」「しばらく新台は様子を見る」「旧規則機の計画的撤去は様子見つつ使い切る」「集客に大変困っている」などの声をピックアップ。飯田氏は、同社のMIS実績値のパチスロ平均稼働では約84%まで戻ってきているとしたうえで、「唯一、30パイのノーマルは、コロナ禍以後、稼働上昇が見られた。これはおそらく負け額の込まない30パイノーマルで遊ぶファン心理が働いたのではないか」と分析。また、営業再開後の6月は新台が1機種もなく、6号機の稼働低下が見られたとして、平均値と自店の実績と比較した稼働分析を勧めた。

5号機撤去については、パチスロ全体の設置台数約160万台(高射幸性遊技機約12万台、それ以外の旧規則機約100万台、6号機約48万台)のうち、今年末までに撤去すべき5号機撤去の「第一波」の規模は約26万台と推計。これらを7月~12月の6カ月で入替えるためには毎月約4万3000台規模の入替が必要であり、新台の供給不足、中古機相場の高騰化が顕著になるとの予測のもと、早めの対応を促した。

次に、残りの約86万台の入替が必要となる第二波(2021年1月~11月末)については「第一波の3倍近い入替が必要なペース」だとしつつも、「見栄えが悪いのはもちろん、遊技客との信用という面も損なう」ことから、減台やべニア対応を否定し、個々店舗の適正台数を維持すべきとの考えを強調した。

その後、パチスロ運用に必要な情報提供している同社の会員制有料サイト「P-FAN DATABANK」のデータを用いて、6号機の設定調整のポイントや中古機活用法について、詳しくアドバイスした。

株式会社メイドインサービス

ダオ
毎月4万台も6号機に入れ替えなきゃだめなのか。すでに追いついてなさそうなんだが。
6号機とは言ってないかと。これから増えるんじゃないの。知らんけど
ジーマ
コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, その他のニュース
-,

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島