×

キスケ、レーザーマッピングを使用した「レーザー花火大会」を開催

最先端!プロジェクションマッピング花火を使ったイベント

愛媛県でパチンコ店『PAO』をチェーン展開するキスケ(本社・愛媛県松山市)は、7月31日から8月2日の3日間、同社が運営する複合アミューズメント施設「キスケBOX」(愛媛県松山市)において「喜助の夜市」を開催した。

当日は、レーザーマッピングを使用した最先端のプロジェクションマッピング花火や、縁日のような食事・子ども向けの遊べる屋台を設置。感染防止対策も万全を期してのイベント実施となる中、浴衣を着た子どもたちの笑顔があふれるイベントとなった。

同社は、今年の夏はお祭りや花火大会が中止となり、夏の風物詩と呼ばれるイベントが少なくなっているとして、「少しでもお客様の思い出に残るきっかけや、夏を味わうイベントを提供したい」との考えから今回のイベントを企画。「地域の皆様に『楽しい』を提供できる企画に、今後も取り組んでいく」としている。

キスケ株式会社

ジーマ
レーザーマッピングを使用した花火が気になるね。
今年、夏祭り行ってないらぁ。羨ましいらぁ。
イスラ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:180件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島