×

パチンコ業界ニュース 業界団体

ぱちんこ広告協議会、アフターコロナにおけるパチンコ広告について協議

大島克俊理事長

パチンコ業界の広告・宣伝に関わる企業で構成される一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)は7月29日、ウェブ会議により7月理事会を開催した。

大島克俊理事長は冒頭の挨拶で、コロナと向き合いながら物事を進めていくアフターコロナにおいて、ホール経営企業の広告費削減の動きは強く、その影響を一番受けているとしながらも、「少しずつではあるが広告活動再開も始まった。業界全体の取り組みとして、21世紀会でも業界広報に関しての動きが出ている。コロナに関わるネガティブ報道への対応の必要性もあり広報が先行しているが、個人的には広告も両輪として動きが出てくると思う。PAAもWGが中心となって活動の活発化を進めていきたい」と述べた。

理事会では、篠原弘志相談役がコロナ禍の影響を受けたホールの業績推移や、旧規則機の撤去に関する「21世紀会決議」を順守しないホールに対してのペナルティ考察、業界の広報などについて提案した。

また、東洋大学現代社会総合研究所の柳井猛晶参与は、InstagramやYouTube、TikTokといった人気SNSというインフルエンサー広告について解説。市場規模が200~300億円へと成長しているとして、その効果の可能性やリスク軽減要因を考察し、活用を促していく方策などを共有した。

一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)

イスラ
インフルエンサー広告ってなんらぁ?
SNSでフォロワー数の多いインフルエンサーを起用して宣伝してもらうことみたいだよ。
ジーマ

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

編集部ピックアップ

1

株式会社ユーコーリプロ/金海基浩常務取締役 残り2ヶ月で100万台 最終撤去期限まで残り2ヶ月と迫っ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島