パチンコ業界ニュース 業界団体

依存防止対策調査8月、13都府県方面140店舗で実施

パチンコ店の依存防止対策への取組み状況を確認する「依存防止対策調査」について遊技産業健全化推進機構(機構)は1日、2020年8月中に13都府県方面で140店舗に対して実施したと報告した。

機構では、新型コロナウイルス感染症に対しては細心の注意を払い、引き続き全国の承諾書提出ホール(9月1日時点、集計段階8675店舗)に対し、営業時間の内外を問わず、随時、無通知による依存防止対策調査を実施するとしている。

依存防止対策調査専用ホームページ

コメント (0)

編集部の注目記事

1

『ピーアーク北千住SSS』は本年6月6日のグランドオープン当時、業界内をにわかに騒がせた。加熱式たば ...

2

永和商事(ウインググループ)が新店準備中 宮城県宮城郡利府町に、パチンコ新店『ウイング利府店』がまも ...

3

目次1 『メッセ南千住店』がグランドオープン2 駅周辺に競合ホールが無く、ほぼ独占市場3 総台数70 ...

4

旧規則機の取扱いに関する誓約書の未提出問題 21世紀会で決議した、旧規則機の取扱いに関する誓約書。こ ...

5

パチンコ・パチスロの新台導入スケジュールを日付順にまとめました。「new!!」が付いてるのが更新情報 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.