×

BB期待値約711枚、伝統のBB中「7揃い」も再現 ~大都技研、パチスロ新台「吉宗3」発表

大都技研は8日、東京都中央区の本社において、パチスロ新台「吉宗3」(サボハニ製)のプレス試打会を開催した。ホール導入は10月4日を予定する。

本機は、BB期待値枚数約711枚という元祖「吉宗」のDNAを受け継いだ「吉宗」シリーズ最新作。スペックは、純増約4.0枚/Gの差枚数管理型AT(ボーナス)で出玉を増やすタイプで、ボーナスは期待値枚数約711枚のBBと、ベルナビ7回で終了するRBの2種類。

BB突入時は上乗せ特化ゾーンを必ず3つ獲得。特化ゾーンは「一撃」「連撃」「将撃」の3種類があり、「一撃」<「連撃」<「将撃」の順に上乗せ期待度が上昇。全ての上乗せ特化ゾーンで711枚上乗せの可能性がある。また、選択したBBタイプ(吉宗、爺、姫)で演出が変化するといったおなじみの要素も搭載した。

さらに、BB消化中はチャンス役による差枚数上乗せ抽選に加えて、伝統の「青7揃い」でBB自体のセット上乗せ。「吉宗」の名に相応しい強力な出玉性能を備えた。

通常時は、ゲーム数消化or千両ポイントによる抽選で大当りを目指す流れ。それぞれ規定数到達でお馴染みの「高確率」または「鷹狩り」へ突入し、演出成功で大当り。千両ポイントはリプレイ・チャンス役でポイント獲得抽選を行い、1000ポイント到達で高確率に突入する。なお、「鷹狩り」経由の大当りはBB確定となる。

このほか、ゲーム数解除時や高確率、鷹狩りなどにおける演出や法則は元祖「吉宗」を踏襲し、これまでの吉宗ファンも納得の仕上がりとなっている。

「吉宗」は、同社の人気オリジナルコンテンツの一つで、4号機時代末期の2003年6月、大量獲得ストック機として初めて登場。高い出玉性能やコミカルな演出などが人気となり大ヒット。その高い出玉性能を受け継いだ5号機ATタイプとしても登場し、こちらも高い評価を受けた。

株式会社大都技研

ジーマ
711枚はやってみたい。
吉宗くんの「おっw」ってあるのからぁ?
イスラ

©2020 DAITO GIKEN, INC.


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:159件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-新台, パチンコ業界ニュース
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島