×

「年内撤去対象機」の撤去期限が年明け11日まで延長 甘デジや高射幸性パチスロ、Aタイプは対象外

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は17日、旧規則機の取扱いに関する「年内撤去対象遊技機」の一部の遊技機の撤去期限について、ホール5団体による協議の結果、2021年1月11日まで延長することで全機連と行政当局から理解を得ることができた、と各都府県方面遊協へ通達を行った。

年末年始の繁忙期を勘案して11日間の延長を行うもので、行政当局の信頼を得ての措置だとしており、高射幸性パチスロの確実な撤去をはじめとした21世紀会決議の遵守に全力で取り組むよう改めて要請を行っている。

【関連記事】修正版「パチンコ旧規則機の撤去リスト」
【関連記事】修正版「パチスロ旧規則機(5号機)の撤去リスト」

「年内撤去対象遊技機」のうち今回延長を受けたのは、規則改正後から年内に検定・認定期限が切れるミドル、ライトミドル、権利モノ等のパチンコ機及び高射幸性機、ノーマルAタイプを除くパチスロとなっている。

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:148件)


コメント:4件 コメントを書く

  1. こうした自主規制とか言いつつ都合良く延期してるからサラ番みたいな問題起きる事を組合は理解した方が良いんじゃない!
    年内撤去しない法人有りそうだから保険掛けたんだろうけど(笑)

    3
    0
  2. 甘やかすからつけ上がる
    徹底的に規制せよ

    2
    0

今、読まれています!

1

『グランキコーナ泉佐野店』 昨年、大阪府下においてグランドオープンしたパチンコホールの中で最も注目を ...

2

東京都を中心にパチンコホールを店舗展開する日拓グループ(本社・東京都渋谷区)は、7月1日より予定され ...

3

大一商会は27日、同社Youtubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pうしおととら~超獣SPEC~ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島