×

セントラルグループ、10年目となる寄付活動に対し日本盲導犬協会から感謝状

高知県、愛媛県、岡山県に『セントラルディーボ』などの屋号でパチンコホールを23店舗展開するセントラルグループはこの度、盲導犬育成事業への寄付活動に対し公益財団法人日本盲導犬協会より感謝状を受領した。

同社は運営店舗においてマスコットキャラクター「わんピー」のオリジナルライターを賞品として提供しており、ライター1本につき5円を日本盲導犬協会に寄付する活動を行っている。この寄付活動は2011年にスタートし、今年で10年目。

セントラルグループでは、「地域社会との共生の理念のもと、目の不自由な人がいつでも行きたいところに行くことができるような、安全で安心できる社会づくりに少しでも貢献できるように、今後とも継続して盲導犬育成のための寄付活動に取り組んでいきたい」とコメントしている。

セントラルグループ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:85件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『キコーナ吹田店』 近年のパチンコ業界において躍進を続けてきたアンダーツリーグループ(キコーナ)。全 ...

2

『本八幡UNO』 千葉県市川市は県下において第4位の人口数を誇っている。その中で(JR市川駅と並んで ...

3

パチスロ6.5号機の第一陣として注目が集まる「Sキャッツ・アイ」(平和) 次の新台入替は6月6日から ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島