×

セガサミークリエイション、第7期決算は15億6200万円の純損失

セガサミーグループでカジノ機器の企画・製造・販売を行うセガサミークリエイションの第7期決算(2020年3月31日現在)が9日付け官報に掲載され、当期純損失が15億6200万円だったことが分かった。

同社は、中華人民共和国マカオ特別行政区、フィリピンなどのアジア圏およびアメリカ合衆国でカジノ施設向けのビデオスロットゲーム、スタンドアローン型ETG(エレクトロニック・テーブル・ゲーム)などカジノ機器の企画・製造・販売を展開しており、今年1月には同社のスタンドアローン型ETG『Baccarat Maximum FortuneTM』をフィリピン・マニラの統合型リゾート(IR)施設「OKADA MANILA」に設置。

また、今年6月にはセガのオリジナルIPの代表格である「Virtua Fighter」シリーズをモチーフとしたビデオスロットゲーム「Virtua Fighter Battle Genesis™」がベトナム・ハノイのカジノ施設「Macau Gaming Club」において世界初設置となった。

なお、2020年4月1月付けで同社の代表取締役社長CEOにスコット・ウィンゼラー氏が就任している。

セガサミークリエイション株式会社


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:80件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は20日、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最 ...

2

藤商事は23日、同社YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pサラリーマン金太郎」のティザー ...

3

『いちえん本舗河内天美店』 4月30日、大阪府を中心にパチンコホールを店舗展開するベラジオコーポレー ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島