パチンコ業界ニュース グランドオープンレポート パチンコオープン情報 千葉県 関東エリア

『ヒノマル五井店』がグランドオープン、10月10日(ゾロ目の日)に素晴らしい再スタートを切る

『ヒノマル五井店』

10月10日、千葉県市原市に『ヒノマル五井店』がグランドオープンした。

同店はJR内房線「五井駅」前に位置する駅前立地型ホール。1日当たりの乗降客数は4万人弱と、けっして利用者の多い駅とはいえない。なお、同駅ではローカル線の小湊鉄道における発着駅ともなっているが、こちらは1日当たり3000人弱と更に少ない数値だ。

それでも市原市における要所という位置付けではあるため、駅前の繁華性はまずまずという評価ができる。更に、競合店舗はロードサイドに集積していて、近隣には駅前型のパチンコホールがほとんど無いことから、高齢層を中心に一定の支持を得やすい環境といえよう。駅からの視認性にも秀でていて、店舗認知期待度は十分高い点も評価を上げるポイントである。

そのため、立地条件面およびハード面の双方から、ヒノックスグループにおける基幹店舗の一つという位置付けだった。そんな同店を、親族企業であるトリックスターズ・アレア株式会社が事業承継。2020年10月10日(土)に改装グランドオープンを果たしている。

同時オープンとなった『ヒノマル辰巳店』などと同様に、外観自体は以前とほぼ変わらず。一見しただけでは違いはほとんど分からなかったものだ。加えて、設置台数や種別構成なども以前と全く同じであり、4円パチンコ105台・1円パチンコ161台・1000円46枚パチスロ163台・5円パチスロ40台のまま。一部内装や喫煙ブースの新設程度に留まる改装オープンとなっている。

それでも、10月10日ゾロ目の日というグランドオープン初日だけあって、店内は十分な活況を呈していた。特に1000円46枚パチスロについては空き台を探すのに苦労するほどで、まずは素晴らしい再スタートを切ったと評してよいだろう。今後にも期待したいものである。

コメント (0)

編集部の注目記事

1

全国遊技場青年部連合会は26日、名古屋市内の会議室AP名古屋において「パチンコホールの換気実証実験」 ...

2

『PIA雑色 新館』 『PIA』、『サントロペ』などの屋号で関東を中心にホールを展開するマタハリー( ...

3

ツイッターによって勤務先のパチンコ店をPRする「アイドル店員」が増えつつあるなか、埼玉県川口市にある ...

4

パチンコ業界に特化したマーケティングをおこなうシーズリサーチは19日、パチンコ景気動向指数(DI)調 ...

5

全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は19日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会で ...

6

加熱式たばこを吸いながら遊技できる加熱式たばこ専用エリア(以下、加熱式エリア)を設置するパチンコ店の ...

-パチンコ業界ニュース, グランドオープンレポート, パチンコオープン情報, 千葉県, 関東エリア
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.