パチンコ業界ニュース 業界団体

ホール5団体、10月19日より21世紀会決議遵守に向けた「通報・確認システム」運用開始

全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は19日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会で今年5月20日に決議された旧規則機の計画的撤去について、決議内容を遵守していないパチンコ店の通報・確認システムの運用を開始した。

同システムは誰でも所定の二次元コードから、21世紀決議内容を遵守していないと疑いのある店舗を通報できるというもの。専用フォームで店名や疑義内容を入力して送信すると、その通報を誓約確認機関が受け付ける。通報を受けた同機関は、店舗に事実確認書を送付して照会を行う。撤去の定義については対象遊技機を営業所客室より外へ排出することであり、電源オフによる設置は撤去ではないとしている。

なお同日、同友会とPCSAは新団体MIRAIに統合されるため、今後はホール4団体となる。

コメント (3)

編集部の注目記事

1

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

2

都内のパチンコホールでは緊急事態宣言が発令された8日より広告宣伝の自粛をはじめとした対応が始まってい ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.