×

ホール5団体、10月19日より21世紀会決議遵守に向けた「通報・確認システム」運用開始

全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は19日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会で今年5月20日に決議された旧規則機の計画的撤去について、決議内容を遵守していないパチンコ店の通報・確認システムの運用を開始した。

同システムは誰でも所定の二次元コードから、21世紀決議内容を遵守していないと疑いのある店舗を通報できるというもの。専用フォームで店名や疑義内容を入力して送信すると、その通報を誓約確認機関が受け付ける。通報を受けた同機関は、店舗に事実確認書を送付して照会を行う。撤去の定義については対象遊技機を営業所客室より外へ排出することであり、電源オフによる設置は撤去ではないとしている。

なお同日、同友会とPCSAは新団体MIRAIに統合されるため、今後はホール4団体となる。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:7件 コメントを書く

  1. いくら法律上一年延長になったとしても緊急時の改正で条件付きで決めたことだから、従わないのは、公序良俗に反するとしてこの法律行為は、無効になったりしないのだろうか?裁判で徹底的にやりあってほしい。
    警察と業界でどんなやり取りがあったのかも明らかにできればね。面白いことになりそう。

    5
    1
  2. 自分たちで作った全国規模のチンコロ合戦装置。バカだねー。

    3
    0

今、読まれています!

1

今年3月9日、神戸市兵庫区にNEXUSグループ(本社・群馬県高崎市)が運営するパチンコホール『Sup ...

2

8月に新潟の遊技機販売会社が破綻した。その影響は存外に大きいと言われている。取引先のパチンコホールは ...

3

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島