パチンコ業界ニュース ホール

ノーネクタイをスタンダードに ~キスケ、11月より「カジュアル・エブリディ」を通年化

愛媛県でパチンコ店『PAO』を展開するキスケ(愛媛県松山市)は、11月1日より全社で「カジュアル・エブリディ」を通年化すると発表した。

同社は例年5月から10月の夏季にクールビズを実施してきたが、「今まで以上に従業員の働きやすさや個性を大切にし、就業時間も自由な服装を楽しんでもらいたい」との考えから、年間を通してノーネクタイを認め、軽装での就業制度を導入することとした。

また、パチンコ店『PAO』の制服についても、今年6月よりリニューアルし、気分によってトップスの色を自由に選択できる制度を導入。社員のモチベーションを上げるきっかけ作りと、若手社員がワクワク仕事できる環境づくりを強化している。

キスケでは「社員一人一人が働きやすい環境を作り、効率を上げるための制度として運用し従業員満足度の高い会社を目指していく」としている。

キスケ株式会社

コメント (0)

編集部の注目記事

1

人気ブロガーや多くのフォロワー数をもつツイートの発信者がその活動をいつの間にか休止する。ネット上では ...

2

サミーは25日、新台「パチスロ北斗の拳 宿命」の特設サイトおよびスペシャルムービーVol.1を公開し ...

3

 本稿では、弊社が運営している「たばこの吸えるパチンコ店検索サイト『パチモク』」における登録店舗の状 ...

4

バックナンバー 青年部連合会『パチンコホールの換気実証実験』が話題に 青年部連合会では『パチンコホー ...

5

全国遊技場青年部連合会は26日、名古屋市内の会議室AP名古屋において「パチンコホールの換気実証実験」 ...

6

全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は19日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会で ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.