×

新型コロナの影響で検査店舗数は昨年同期比マイナス47% ~機構、立入検査の上半期実績

遊技産業健全化推進機構(機構)は23日、機構検査部が2020年度上半期(2020年4月1日~9月30日)に実施した立入検査活動等の実績を公表。新型コロナの影響で事業計画を下回るペースで推移していることが分かった。

期間内の立入検査店舗数は全国49都府県方面で818店舗(うち計数機検査95店舗)、検査遊技機数は5616台(パチンコ2796台、パチスロ2820台)、検査計数機数は95台(玉85台、メダル10台)となった。

昨年同期と比べると、検査店舗数が約53.5%(昨年度1530店舗)、検査遊技機数が約53.7%(昨年度1万452台)、検査計数機数が約47.3%(昨年度201台)。本年度の目標店舗数は1800店舗で、「現時点においても事業計画を下回るペースで推移している」とし、その理由については「新型コロナウイルス感染症問題に対処するため、4月及び5月の立入検査活動をほぼ中止したことなどによるもの」と説明している。

なお、今年1月にスタートした「依存防止対策調査」について、期間中の調査実施店舗数は956店舗となっている。

遊技産業健全化推進機構(機構)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:182件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

山佐ネクストは5日、同社公式YouTubeチャンネルにてパチスロ新機種「スーパーリオエース」のPVな ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島