×

9月のRSN電話相談、前月比21件減の294件

パチンコ依存問題の相談機関であるリカバリーサポート・ネットワーク(RSN)は、10月22日発行の機関紙「さくら通信」(第162号)において9月の電話相談状況について報告。電話相談件数は294件(支援室29件含む)で、8月315件より21件減少した。

時間帯別では、日中(10時~16時)が148件(うち支援室18件)、夜間(16時~22時)が146件(同11件)。前年同月比ではマイナス140件。2006年4月からの累計相談件数は4万531件となった。

相談件数294件のうち初回相談は151件あり、本人からの相談は125件(83%)、家族・友人は26件(17%)。本人からの相談経路(125件)の内訳は、ホール内ポスター51件、インターネット31件、不明・拒否21件、ホール配布物7件、ホール折込チラシ4件、ATM啓発メッセージ3件、ホール関係者3件、ホール貼付ステッカー1件、その他4件。ホールから発信するポスターステッカー、配布物、チラシ、ATM啓発メッセージ、ホール関係者が、全体の53%を占めている。

リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:80件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は20日、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最 ...

2

藤商事は23日、同社YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pサラリーマン金太郎」のティザー ...

3

『いちえん本舗河内天美店』 4月30日、大阪府を中心にパチンコホールを店舗展開するベラジオコーポレー ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島