パチンコ業界ニュース グランドオープンレポート パチンコオープン情報 宮崎県 九州・沖縄エリア

『モナコパレス1000宮崎駅前店』が大盛況の船出

『モナコパレス1000宮崎駅前店』

オープン2日目も大盛況の店内

11月12日、岩下兄弟グループの宮崎市内における6店舗目となる『モナコパレス1000宮崎駅前店』がグランドオープンした。

今年3月末に閉店した『メガガイア宮崎駅前店』跡への居抜き出店であり、敷地面積からも1000台超えが予測されていたものだ。しかしながら昨今の事情を考慮したのか、休憩スペース等を広く取っている様子がうかがえ、メガガイア時代よりも設置台数を減少。総台数962台でのオープンと相成っている。なお、内訳は4円パチンコ400台、1円パチンコ182台、パチスロは380台全て20円の通常貸しとなっている。

視察に訪れたのはグランドオープンの2日目で、当日は12時オープンだった。開店から程なくして入店すると、店内は文字通りの大盛況ぶり。空き台はほとんど無く、立ち見客の姿も多数見られていた。なお、店内外には開店祝いの花輪などが無数に飾られており、賑わいを創出するのに一役買っていたように感じる。ややもすれば閉塞感を覚えがちな状況下で、久しぶりのお祭り騒ぎといったところか。やはりグランドオープンの活気は素晴らしいと改めて感じさせられた。

女性に優しい店舗づくりが健在の「モナコパレス」

通常貸の一部(遊パチ系)と低貸には各台計数機を採用。島上部には全台統一でグランドオープンのフラグが目立っている。ただし、レート表示は若干分かりづらくも感じてしまった。この辺りの装飾モノの是非については、他地域のグランドオープン店舗でも意外と頭を悩ませる点なのかもしれない。また、セルフカウンターも配置されていたが、視察中には利用する人の姿は確認できず。首都圏などではだいぶ浸透しつつある形式も、まだまだ地域ごとの温度差は大きいようだ。

このほか「女性専用の喫煙室」や「単独の女性トイレ」があるなど、同グループらしい女性に優しい店舗づくりは健在だった。

グランドオープン時に低貸コーナーまでも実質満席になるのは今時珍しい気もするが、県下におけるブランド力が奏功した結果といえるのだろう。実に素晴らしい船出であったと評したい。

まとめ情報

【2020年6月~】パチンコ店のグランドオープンまとめ

コメント (0)

編集部の注目記事

1

人気ブロガーや多くのフォロワー数をもつツイートの発信者がその活動をいつの間にか休止する。ネット上では ...

2

サミーは25日、新台「パチスロ北斗の拳 宿命」の特設サイトおよびスペシャルムービーVol.1を公開し ...

3

 本稿では、弊社が運営している「たばこの吸えるパチンコ店検索サイト『パチモク』」における登録店舗の状 ...

4

バックナンバー 青年部連合会『パチンコホールの換気実証実験』が話題に 青年部連合会では『パチンコホー ...

5

全国遊技場青年部連合会は26日、名古屋市内の会議室AP名古屋において「パチンコホールの換気実証実験」 ...

6

全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は19日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会で ...

-パチンコ業界ニュース, グランドオープンレポート, パチンコオープン情報, 宮崎県, 九州・沖縄エリア

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.