×

新型コロナで稼働が低下、減収減益に ~ダイナムジャパンHD、中間決算を発表

ダイナムジャパンホールディングス(DYJH)が25日に発表した2021年3月期の中間連結決算によると、貸玉収入2196億6300万円(前年同期比マイナス42.1%)、営業収入459億9200万円(同マイナス37.9%)、税引前中間利益14億7700万円(同マイナス88.8%)、中間利益6億9800万円(同マイナス92.0%)で、減収減益となった。

政府の緊急事態宣言を受けて、各都道府県知事からパチンコホールに対する営業自粛要請が発出され、グループ全448店舗中436店舗(約97%)を一時休業。6月より全店が営業を再開したが、7月以降の営業収入は前年対比70%~80%までの回復に留まったという。

高貸玉店舗における貸玉収入は、1192億5800万円で前中間期から43.6%の減少。また、低貸玉店舗における貸玉収入も1004億500万円で前中間期から40.1%減少した。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、遊技台の稼働が低下したことを減少の主な要因としている。

下期の業績見通しについては、依然として先行きが不透明であるため、具体的な数値については言及しないとしながらも、第3四半期、第4四半期ともに黒字を確保する見込みで、通期においても黒字での着地を想定。営業収入の減少に対する対応として、上期に引き続き機械費、人件費などを下げることを計画し、また構造改革を推進することで損益分岐点を下げ、継続的に安定した収益を確保できる体質に変化させていくとした。

なお、2020年9月30日現在の店舗数は445店舗(前年同期比マイナス4店舗)。

株式会社ダイナムジャパンホールディングス


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:367件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『キコーナ海老名店』 神奈川県海老名市にて営業中のパチンコホール『キコーナ海老名店』は、パチンコ機7 ...

2

ガイアグループにとって約2年半ぶりとなる新築ホール『メガガイア調布』がいよいよ明日8月9日(火)にグ ...

3

『ピーアーク銀座』跡地は現在、工事中 東京都中央区「銀座」。都心を代表する高級商業地として、その名を ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島