×

『マルハン』全314店舗で「本人の同意書を必要としない家族申告プログラム」を追加導入

マルハンは12月1日より、パチンコ・パチスロ依存問題に対する取り組みの一つとして、同社が運営するパチンコホール全314店舗(12月1日時点)に「本人の同意書を必要としない家族申告プログラム」を追加導入した。

家族からの申告により入店を制限する「家族申告プログラム」は、店舗での遊技が確認された際、店舗スタッフが本人に声がけを行うことで、本人と家族が安心できる遊技環境をサポートするというもので、「本人の同意書を必要とする家族申告プログラム」と「本人の同意書を必要としない家族申告プログラム」の2種類がある。マルハンはすでに「本人の同意書を必要とする家族申告プログラム」及び「自己申告プログラム」を全店で導入・運用しており、今回の追加導入について「より積極的な依存対策となる『予防および深刻化の抑止』のためのアプローチに注力するため」と説明している。

株式会社マルハン


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:339件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『ビックマーチ東習志野店』 私が気になっているパチンコ店の一つ、それが千葉県習志野市に昨年末グランド ...

2

北電子は10日、同社の公式YouTubeチャンネルにおいて新機種「パチスロ ダンまち外伝 ソード・オ ...

3

『アクセス三宮』店舗外観(増床部分) 三宮エリア最大級のパチンコホールへ『アクセス三宮』 兵庫県や大 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島