×

キコーナグループ、『パティオ』7店舗をグループ化し160店舗達成

アンダーツリーグループは1日、大阪、兵庫でパチンコ店7店舗を運営する塚口パティオ株式会社の全株式を取得したことを発表。これによりグループ全体の運営店舗数は160店舗となった。

今回、新たにアンダーツリーグループに加わったのは『パティオ阪急茨木店』(大阪府茨木市)、『パティオ香里園店』(大阪府寝屋川市)、『ネオパティオ塚本店』(大阪市西淀川区)、『パティオ塚本店』(大阪市淀川区)、『ニューパティオ光明池店』(大阪府和泉市)、『パティオ塚口店』(兵庫県尼崎市)、『ラスベガス塚口店』(兵庫県尼崎市)の7店舗。各店舗のホームページでは「新生パティオ始動!」と、キコーナグループの一員となったことを大々的にPRしている。

近年、積極的なM&Aによりアンダーツリーグループが経営店舗数を拡大していることは周知の通り。直近では三光物産株式会社より『サンコー千里店』(『キコーナ岸部店』としてグランドオープン準備中)、株式会社フジ田産業より『フジ打田店』(『キコーナ紀の川店』としてグランドオープン準備中)などをグループ化している。

同社は「引き続きグループ一丸となって、企業価値向上に取り組んでいく」としている。

アンダーツリーグループ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

サミーは27日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチスロ新機種「スマスロ北斗の拳」のプロモー ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島